スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白い虫また発生

小水槽のガラス面にまた発生した白い虫。

アカヒレがいれば全部食べてくれるのでしょうけど

放っておいても翌日には見えなくなっているのであまりに気にはしていません。

10suishitsu013

ただ、現れる原因が何なのかわからないんですよね。

もしかして水質悪化?硝酸塩たまってる?と思い、調べても値は0(ゼロ)。

10suishitsu014

おまえら、どうして顔出すの?イイヒトワルイヒトどっち?

続きを読む

スポンサーサイト

白い羽

ヤゴ。

白く細くみつけ辛いのできちんと掃除もできないし、

餌になってしまうので他の魚を飼うこともできない。

時々見失いながらもたった1匹だけ生き延びていました。

ひー!ヒドラ!?と驚きの発見から2ヶ月半、

背中に小さな羽根になるらしき突起が出てきていました。

09mushi015

この小さな水槽でろくな餌もなかったであろうこの悪環境で羽化までもう少しか、

と思っていた矢先、抜け殻ではない亡骸をみつけてしまうことになろうとは。

09mushi016

15mm。

残念です。非常に残念です。

この水槽からイトトンボを羽ばたかせてみたかった。

待ち遠しい

ベランダのバケツのヤゴ。

左上のポコンとした緑色はアブラムシ。
09mushi013

小水槽のヤゴ。

サルビニアククラータの根にがっしりしがみつき。
09mushi014

このヤゴと思われる虫を初めて発見してから1ヶ月半経っています。

発見時から考えたらそれぞれすごく成長していて10mmは超えているのですが

(写真は超接写です)

トンボになる、というのが想像できない。

成長したと言ってもたった1cmですよ!

真っ白で細くて小さくてあまりにも頼りなくて。

えさは4~5日に一度、わずかなブラインを落とすだけ。

他に自然に湧いている生物を食べているのだろうけど。

脱皮した皮を死体か!と見間違い、いつもひやひやしています。

「脱皮。」

なんて、「虫!」なんだろう、と実感します。

また虫

夜、ガラス面に無数の白い小さな虫。

ほとんど見えないですね。
09mushi010

黒い部分の右上角がガラス面なのですがちーっちゃい点々。

PC画面の埃のよう。。。

ヤゴのえさになるだろうか。

ヤゴの成長

ガラス面にいて、最初、ぎょっとしてしまったのですが

知らぬ間に割と、ちょっと、いや結構、成長していました。

物差しを当ててみると7mm程あります。(でもまだ7mmか…)
09mushi011

ガラス面に向かって左手を上げて挨拶!
09mushi012

あんなにうじゃうじゃいたのに

見つけられるだけで3匹しか見えなくなってしまいました。

外のバケツにはもう少し大きいのが1匹だけ生き延びているみたい。

トンボが見たい!

問題はえさだなぁ。

白くて小さい5

石巻貝のアオとヤゴらしき虫の2ショット。

09mushi009

灰色の石の上、バイキンマンみたいな虫が見えるかな。

流木の上だけじゃなく、こうやって底床の上にじっとしている姿も見られます。

石の間にいるミズミミズでも食べているのでしょうか。

わずかなブラインシュリンプを落としてやりましたが

食べている姿は見られませんでした。


今後どこまで成長するのか。どんな姿に変身するのか。

アンパンマンか、ショクパンマンか、もしくはウルトラセブンか。

(終)

これからも観察は続けます。

白くて小さい4

ナゾ&ヤゴ?の白くて小さい虫が水槽のガラス横面にくっつきました。

チャンス!今までで一番近くで見られます。

じーーーっっっ。

09mushi006

09mushi007

2本の前足で一生懸命触覚をなで上げています。

まるでリーゼントをなで上げるがごとく。もしくはアイスラッガー。。。

ちょっと感動。ちょっとゾワゾワ。

(ぼんやりした背景の茶色は流木の上を歩いているアオです。)


09mushi008

触覚掃除が終わったもよう。


虫の体長は3mm程。尾が体と同じくらいの長さがあります。

あっ。物差しで計れば良かった。

(続)

白くて小さい3

どうしようか決めかねたまま翌日水槽を見ると

整列してるしー!

昨日全部吸い取ったつもりだったのに。。。

09mushi005

予想以上の数のこの虫が小水槽で石巻貝のアオと同居しているようです。



調べたところイトトンボの幼虫つまり「ヤゴ」と形状が似ているのですが

うちにイトトンボが入ってきた記憶はございません。

水草か底砂に卵が付いていた?

しかし、小水槽をセットしたのは1ヶ月も前のこと。うーん???



何の虫にせよちょっと興味があるので

昨日吸い取って半切りペットボトルに入れておいた数匹は

水ごとベランダの放置バケツに注いでおきました。

小水槽に残っているヤツラは…観察します。



…何か恐ろしい虫になったらどうしよう。

これが何の虫なのかご存知の方、教えてください。

(続)

白くて小さい2

流木にくっついている白くて細長い物体。

それはとてもとても小さくて3mm位の長さしかありません。

触手のようなものを伸ばしています。

こ、これは、噂に聞いたことがある「ヒドラ」?

うーん。まいったなぁ。とりあえず取るしかないか、と、スポイトを近づけると

逃げるーーー!

これはヒドラじゃないだろう。。。

何とか吸い取って半切りペットボトルに入れました。

虫の姿をしています。足が6本、尾が3本。
09mushi001

もう一度水槽をよーく見るとあっちにもこっちにも!
09mushi002

見える範囲全部で10匹くらい吸い取りました。
09mushi003

底砂は「れきSサイズ(2mm-4mm)」ですからその小ささがわかるかと思います。

で、吸ったはいいけど、これどうしよう。

(続)

白い小さい

石巻貝のアオに、藻が出てきた(控えめな表現)小水槽に移動願っています。

09zenkei023

単身赴任で寂しいかもしれないけれど

たっぷりえさを食べて悠々自適に暮らしています。



と、思っていたのですが

アオは単身赴任ではなかった!

09mushi004

な、何か見えませんか ((((;゚Д゚)))?

(続)

「水窓」データ

PROLOGUE
田んぼですくってきた体長1cmの稚魚はどじょうの赤ちゃんだった!二つの小さな水槽での、どじょうの幼魚「イヌ」(あだ名:モフ、呼び名:もったん)と、11匹のアカヒレ成魚と、その子である幼魚8匹の観察日記。


HISTORY
2008/05 水槽を買い、田んぼに生き物を探しに行きどじょうの稚魚7匹を連れ帰る。1匹生き残る。「イヌ」と命名。
2008/06 アカヒレ11匹購入&繁殖第一期(8匹)。
2008/10 コリドラス・ステルバイの「ミカン」購入。
2008/11 「イヌ」と「ミカン」死去。
2008/12 アカヒレ幼魚1匹死。
2008/12 アカヒレ繁殖第二期(32匹)。
2008/12 石巻貝2匹購入。「アオ」「ミドリ」と命名。
2009/04 アカヒレ幼魚1匹死。
2009/04 アカヒレ初代7匹を実家へ、稚魚32匹を友人へ。
2009/05 アカヒレ繁殖第三期(11匹)。
2009/05 田んぼからどじょうの稚魚2匹を連れ帰る。「モツ」「ボタン」と命名。
2009/06 石巻貝「ミドリ」死。
2009/06 ヤゴ登場。
2009/07 アカヒレ幼魚2匹死。
2009/08 ヤゴ全滅。
2009/09 アカヒレ幼魚2匹死。
2009/10 アカヒレ1匹死。
2009/11 レッドチェリーシュリンプ2匹購入。「アルファ」「ベータ(抱卵)」と命名。
2009/11 レッドチェリーシュリンプ稚エビ11匹誕生。1匹死。
2009/12 レッドチェリーシュリンプ稚エビ2匹死。
2010/02 アカヒレ1匹飛び出し死。レッドチェリーシュリンプ稚エビ2匹死。
2010/03 レッドチェリーシュリンプ稚エビ1匹行方不明(死)。
2010/05 レッドチェリーシュリンプ稚エビ1匹死。抱卵稚エビ1匹死。(3匹残り)
2010/05 レッドチェリーシュリンプ稚エビ続々誕生。
2010/06 アカヒレ1匹病死。
2010/07 レッドチェリーシュリンプの「ベータ」死。
2010/08 レッドチェリーシュリンプの「アルファ」死。
2010/11 コリドラスコンコロール購入。「タナカ」と命名。
2011/09 石巻貝の「アオ」死。
2012/02 アカヒレのスミオ死。
2012/03 ベネズエラオレンジのラニ、サザエ石巻貝のキイロ購入。
2013/08 どじょうのボタン死。
2014/04 現在のメンバー、どじょう「モツ」、コンコロ「タナカ」、ベネオレ「ラニ」、サザエ石巻貝「キイロ」、
赤ヒレ6匹レッチェリ20匹以上。



【第1水槽】(2008.5.17~)
コトブキDebutホワイトセット/36cm(360×220×315)約22L
(呼び名:「大水槽」)
■アカヒレ成魚5匹、どじょう1匹、コリドラスコンコロール1匹、ベネズエラオレンジ1匹、レッドチェリーシュリンプ3匹、サザエ石巻貝1匹
■上部フィルター(ウールマット、スポンジ、ブラックホール、EHEIMサブストラットプロレギュラー)
■10w1灯、8wクリップライト
■珪砂(3~7cm)
■ミクロソリウムウェンディロブ、アヌビアスナナ
■流木
■基本週1回1/3水換え、月1回ガラガラ洗い

【第2水槽】(2008.7.26~)
テトラRG-20HL/22cm(220×220×260)約9L
(呼び名:「小水槽」)
■アカヒレ1匹、レッドチェリーシュリンプ20匹位
■外掛けフィルターテトラAT-20(ウールマット、ブラックホール、スポンジ、SUDO濾過バクテリア繁殖用濾材リングタイプ)、底面フィルターNissoバイオフィルターミニ
■13wクリップライト
■AFJapan礫Sサイズ(3cm-10cm)
■ミクロソリウムウェンディロブ、アヌビアスナナ、ジャイアント南米ウィローモス、マツモ
■アクセサリなし
■基本週1回1/2水換え

【第3水槽】(2010.6.7~)
ニトリグラスベース/16cm(160×160×390)約7L
(呼び名:「花瓶水槽」)
■生体なし
■投げ込み式フィルター水作Mを底床の中に
■照明なし
■AFJapan礫Sサイズ(10cm)
■水草なし
■アクセサリなし
■基本週1回1/3水換え

【ボトルアクア】(2011.11.8~)
セリアプラスチックケース/9cm(90×90×70)約560ML
■生体なし
■フィルターなし
■13wスタンドライト
■水草一番サンド
■ミクロソリウムウェンディロブ、アヌビアスナナ
■深山石粒サイズ
■基本週1回1/2水換え

<<データ:2014/4/6改>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

mie

Author:mie
2008年5月に初めて水槽を買いました。
喰いしんぼのどじょうとアカヒレを飼っています。

カレンダー
10 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
最近の記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
リンク
RSSフィード
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。