スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

要支援

餌をピンセットで口元に持って行かないと食べられなかった要介護アカヒレ。

ふと見ると、

浮いてしまった赤虫、食べてるじゃん!

見えてるんじゃん!

12akahire005

ほっ!

確かにピンセットに挟んだ赤虫をピンポイントで食べてたしな~。

でも何となく頼りなげ。

いっぱい浮いてるのに目の前の物しか見えてないみたい。

きっと、ものすごーく視力が弱くなってしまっているのでしょう。

でもね、よかった。

引き続き、要支援です。
スポンサーサイト

要介護

以前、こちらの記事で今後介護が必要な魚が出てくるかもと不安に思ったものですが、

実際介護が必要なアカヒレが現れてしまいました。

2akahire004

大水槽の大勢の仲間の中では餌が食べられずすみっこでしょんぼりしていたので

小水槽へ移動させたおじいさんアカヒレ。

いきなり環境が変わって驚いたのか底で呆然としています。

以前から黒目の中心が白かったのですが、最近どうも目が見えなくなってしまったようで…。

困ったな~と思いつつピンセットで顔の前に赤虫を持って行ってみるとぱくっと食べてくれました。

はあ、良かった~。

でも、これ、毎日かー。結構大変かも

気になる

他の住魚で今一番心配なのがこの子。

大水槽に11匹いるアカヒレ(3歳か4歳)オス名前なし。

背骨が曲がってきちゃってます。

12akahire003

餌を食べる時もぐいっと上を向かないといけないので大変そう。

病気か、歳か。見守らないと。

内出血

このアカヒレ、なんか目につくなぁとよくよく見ると

目の周りが真っ赤になっています。

12akahire001

ぼこられた?

誰にやられた?

12akahire002

うぅ~。痛々しい。

カラコン

11akahire007

11akahire008

以前、コリドラスコンコロールのタナカの黒目に白い点があるという記事を書いた時に

(アカヒレに、この片目中心の白い点が出ると数ヵ月後には死ぬことが多い。
ただ、例外もあり、片目中心に白い点があっても
半年以上めちゃ元気なオスアカヒレもいるので病気とも言い切れない。
老衰という可能性もあるけれど、タナカは若人なので当てはまらない。)

と書きましたが、

その“例外”がこのアカヒレです。

片目と思っていましたがじっくり狙って写真を撮ったら両目の中心に白い点がありました。

日常生活に支障は無さそうで、単に白いカラーコンタクトをしているがごとく、

なわばりに対しても餌に対しても貪欲で元気もりもりです。

アカヒレ繁殖第一期の子だと思うので3歳位。白カラコン歴1年位。

アカヒレの寿命からしたらまだ半分ほどだと思う。

今12匹いるアカヒレの中で名を持つのは「スミオ」(すみっこでじっとしていて

餌付けするのに苦労した極小のオス)だけですが、

さっき、白カラコンのこの子を「ギャルオ」と名付けました。

老いてもなお

手前、おじいちゃんアカヒレのフィンスプレッディング。

11akahire005

背鰭ギザギザ。

攻撃キレキレ。

元気が何より。

最年長

14匹の親子アカヒレがいるのですが

今日は普段あまりスポットが当たらない(当ててない)アカヒレの写真を撮ってみました。

じっとしていないのでピントを合わせるのはなかなか難しい。

何十枚撮った内のベストショットです。




一番年をとっていると思われるオスアカヒレ。3歳位かな。

ヒレの赤色が濃くとてもきれいですが老魚特有の顔つきになってきました。

目から口先までが短くなり、そのせいでしょうか、おでこの部分が丸く盛り上がってきます。

長く生きているからか、単なる食いしん坊だからか、どじょうの近くでスタンバっていることが多いです。

なぜなら、どじょうのそばにいればいい餌(冷凍ブラインシュリンプとか)が食べられるから。

11akahire002

一番お腹が大きなメスアカヒレ。

飼い始めてからじゃんじゃん卵を産んでいましたがここ最近はめっきりです。

一年位稚魚の姿を見ていないかも。

増えたら増えたで困るのですが、

このぱんぱんに膨らんだお腹を見ていると卵産ませてあげた方がいいかなとも思ったり。

11akahire001

きれいで丈夫で初めて買った魚なので愛着もあり、ずっと飼い続けたい魚です。

今日も暑かったですね~。

このヒレで 扇いでほしい 夏の日よ

10akahire042

尻ビレに入った切れ目が若干気になるところですが

アカヒレの見事なフィンスプ写真が撮れたので載せてみました。



以前は、気付けば産まれている状況だった稚魚を、ここ何ヶ月も見ていません。

兄弟同士の交配を自然に自粛している…訳じゃないですよね。

きっと卵の時点でハラヘリどじょうや貪欲アカヒレ達が自分で食べてしまっているのだと思います。

寂しい気持ちと切ない気持ちとほっとしている気持ち。

生き物を、責任持って飼うって、いくら小さな魚一匹でも大変なことです。

人間って、いや、私って、ほんと勝手です。

あんなに喜んでいた誕生を、今や、増えなくて良かったって心のどこかで思ってる。



「新しい魚を飼ってみたいっ!」

…あ、言っちゃった。

そのためには既存の水槽の状態じゃ新しく水槽増やすしか。

部屋の中、メジャーを持って行ったり来たり。

花瓶にアカヒレ

いつまで待っても亜硝酸塩が出てこないので(AとC液だけ使うのじゃ)

10suishitsu006


花瓶水槽にアカヒレを入れました。

一番活きが良い大きなオス3匹をセレクトです。

10akahire039


飛び出し防止にラップでふたしてます(^^;

10akahire040

早く来い来いバクテリア。

根だけ

翌日残っていたのはホウレンソウの根っこだけ。

そうか、そんなにおいしかったかー

10rcs087

アカヒレにも与えてみましたよ。根をセロテープでぴたっとな。

10akahire034

こちらもわらわらと集まって我先にとかじりついています。

10akahire035

さすがアカヒレ、数時間で完食!

ちゃんと餌は与えてるのにそんなにがっつかないでほしいな~。

アカヒレ怪我?病気?4

グリーンFゴールド顆粒でいいのか不安だったので

今度はグリーンFゴールドリキッドで再び薬浴をすることにしました。

【薬浴開始日】
エラの横に大きな白にきび。

10akahire033


【薬浴6日目】
5日目に2L新水にしてその分の薬を足しました。

にきび状の突起はおさまったもののまだ白く大きな跡が残っています。

10akahire036

【薬浴9日目】
順調に改善しているように見えたのに、小さいにきびが復活。

更に元のにきびの斜め下に新たなにきびまで出始めました。

10akahire037

以前充血していた体の右面はこんな感じで赤くはありませんが剥げた鱗はまだ再生されていません。

10akahire038

前日までは食欲もあり元気そうに泳いでいたのに

底に沈んでいることが多くじっとしてあまり動きません。やばい前兆です。

気温の高い日が続いたので水質が悪くなっているのではと思い、

慎重に温度を合わせ4L全て薬を入れた新水に換えました。

【薬浴10日目】
亡骸は体の右面にある元の傷が真っ赤に充血していました。

薬の選択が間違っていたのかもしれませんし

水換えがとどめを刺してしまったのかもしれません。

今回も病気の魚を助けることができませんでした。

一ヶ月近く一対一で顔を突き合わせて治療していたので残念で申し訳なくて仕方ありません。

(終わり)

アカヒレ怪我?病気?3

大水槽で元気に泳ぐ病気のでかメス(左側)。

アカヒレがアカヒレたるヒレの赤みも戻りホッと胸をなでおろしました。

10akahire032

ところが、3日間家を空けて帰って来ると

傷がなかった左面のエラの横に大きなニキビのような白い突出物ができていたのでした。

がーーーん。

10akahire033

やはり根は深かった。

(続く)

アカヒレ怪我?病気?2

【薬浴開始日】
体の左面はきれいなのに

10akahire028

体の右面はひどい傷。

10akahire027

【薬浴6日目】
3日ごとに水の半分である2Lを新水に換え2L分の薬を足していました。

餌は毎日少しですが与えていました。

鱗の再生はまだですが充血は消えかなり良くなったな~と思いきや

10akahire029

【薬浴7日目】
元の傷の斜め下に新たな充血が!

やはり怪我ではなく病気でした。これは根が深いかも…

10akahire030

【薬浴10日目】
新しくできた充血も消えました♪やった!

翌日から3泊で家を空けなければいけなかったのでひとまず大水槽に戻したのですが…。

10akahire031

(続く)

アカヒレ怪我?病気?1

フィルターの給水口で下を向いているアカヒレ。

何かおかしい!

10akahire024

よくよく見るとお腹に傷がついています。かなりひどい。

なんでこんなことに…。

食欲ありまくりのでかメスなので全然気が付きませんでした。

プラケに隔離。

10akahire025

流木で怪我したのか、それとも病気か。

どうするべきか悩みましたが怪我の可能性は低いとみて薬浴をすることに決めました。

10akahire026

これは穴あき病?カラムナリス?エロモナス?どの薬がいいのだろうか。

なんとか良くなってほしいと願いつつグリーンFゴールド顆粒で薬浴を開始したのでした。

(続く)

土管で待ち合わせ

土管を入れてすぐ反応したのはアカヒレです。

周りに集まり、土管のオレンジ色に合わせ体の色が濃くなっています。

10akahire023

どじょうにとってはやっぱりただの通り道のよう。

10dojou131

一つ屋根

10akahire022

右の竹炭の中でアカヒレ2匹が熟睡中。

寄ればフィンスプレッディングで牽制し合う彼らでも

寝ている時はこんな近くで一つ屋根の下。

寝起き

寝起きだというのにこの子はチークとシャドーばっちり決めてますね。

10akahire019

こちらは背びれ尻びれ尾ひれの赤色がきれいに出ています。

10akahire020

この子は、起きて…ないな。

10akahire021

一匹起きたら、たいてい連鎖して皆起きるんですが

おなかを底につけてまだ寝ています。

人間も一緒、寝坊したい時もありますよね~。

藻布団

10akahire018

藻だらけのモスの中でアカヒレが熟睡しています。

ふわふわの布団に包まれて気持ちよさそう。

水中に漂い眠るのはなぜか。

皆こんな風に何かに挟まって眠れば安定して落ち着くだろうに。

しかけ

大水槽(と呼んでいる36cmの小さな水槽)のレッドチェリーシュリンプが餌不足ではないかと思い、こんな仕掛けを。

餌を入れた小さなガラス鉢にサランラップをして輪ゴムで止め、ラップに小さな穴をあけて横向きに設置。

肉眼ですら水中に入れてしまうとどこに穴があるかわかりづらいです。

右下の角にわずか1cm位の穴が開いています。

これなら貪欲なアカヒレたちも気づくまい。

10akahire016

このあたりをちょこちょこ歩いて移動するのエビのみ。

エビたちは気付いて入ってくれるかな?

わくわく。





ほんの数分後、ガラス鉢の中にはアカヒレたちがT_T

エビの為の餌、ガンガン食べてる。

んもー!

10akahire017

入口を発見されたのもそれが出口と知られたのもあっちゅう間でした。



穴を下向きにしたらどうだろう。

いや、それでもアカヒレに食べられちゃうだろうな。

…本採用には至らない仕掛けでありました。

スミオ、大人の中へ

大水槽に移動されてうつむき加減のスミオ。

10akahire014

大丈夫かな。。。

しばらく見ていると心配をよそに、

おじさん相手にフィンスプレッディング対決をかましてみたりして。(奥の背びれが小さいのがスミオ)

10akahire015

いっちょまえです。

初めて見た姿に少し感動。

これなら、大人たちとの餌取り競争でも大丈夫そうだね。

特訓の末

小水槽で魚一匹でひたすら餌を食べる練習を重ねてきた、

背びれが異常に小さなアカヒレのスミオをいよいよ大水槽の仲間たちと合流させようと思います。

餌を食べる技術はだいぶ上手になったのですが餌に対する意欲が足りない。

ここいらで仲間たちと競って本能である食欲を刺激させましょう。

5ヶ月もの個別訓練の成果はどうだ?

10akahire013

特に意味はなく、手近に干していたサテライトで水合わせ中。

エアーもせず、ほんとにただの器として使っております。

口に余る

スピルリナ入りの中粒餌をレッドチェリーシュリンプ“だけ”が食べられるよう、

穴開けて吸盤を付けたミニミニタッパーに5粒入れ水槽の上の方に設置していたのですが、

見ていない間に吸盤がはずれ、餌が水槽内に舞ってしまったようです。

アカヒレ数匹が大口開けたまま苦しそうに漂っていたのでタッパーがひっくり返っていることに気付いたのでした。

10akahire011

10akahire012

アカヒレの口にちょうど蓋をするサイズのこの餌。

危険極まりない…。

でも、いつどんな時でも餌に対しては一直線なアカヒレ達。

呆然とふわふわ水流に流され負けそうになりながらも十数分かけて飲み込みました。

勝った!さすが!

申し訳ない気持ちでヒヤヒヤしながら見ていましたが、、、ほっとしたよーーー。

そのまんま

こ、これはすごいぞー!

10akahire009

口あけて力んでいるみたいに見えるアカヒレ母さん。

うぉぉぉ~!
10akahire010

前日与えた小松菜、そのまんまなびかせてる。

消化しないのか?

こんなに大きいの一口で食べたんだ。

キミ、すご過ぎる



数分後、一枚の小松菜の切れ端が水槽内に漂いました。

スポイトで吸い取って捨てました。

他のアカヒレがまた食べようとするから、見るに見かねて。

開かない

小水槽で一匹飼育しているアカヒレのスミオです。

背びれの形がわかる写真が撮れました。

やっぱり普通のアカヒレに比べると背びれが小さ過ぎです。

背びれを開いているところを見たことがありません。

10akahire007

少し食べ方が上手になってはきましたが、まだ遅い。

ちびちび、ちびちびと小さい餌を選んで長々と食べ続けています。

このスミオを大水槽に入れたらどうなるか、試してみたい欲求にかられています。

競争心が芽生えていきなり早食いになったりなんてことは

…無いだろうな。

スミオ

1匹だけ小水槽で、餌はほぼ毎日乾燥赤虫という特別待遇を受けているアカヒレ幼魚の「スミオ」。

小さくて臆病で奥のすみっこにばかりいるから「スミオ」と名付けたのですが

最近は私の存在に慣れ、隠れてばかりではなくなってきました。


しかしもうとにかく、餌を食べるのが遅い、というか下手!

よーくよーくよ―――く、餌を凝視して狙いを定めて行くのですが

ぱくっとしようと顔をあげた瞬間に体が後ろずれてしまい結局水を飲んでいるだけになってしまいます。

背びれが異常に小さいのが原因じゃないかと思っています。

近親交配ゆえの奇形でしょうから私のせいでもあるのです。

10akahire004

ほら食え、ほら頑張れと応援しながら見ていると、5回に1回やっと餌が口に入る状態。

スミオの給餌は毎日2時間コースです。

餌を入れてから、入れた餌が大方無くなるまで2時間以上フィルター止めてます。

10akahire005

時々大水槽で賑やかにしている親兄弟たちをじっと眺めているスミオ。

一人で寂しいだろうけどお前があっちに行けるのはまだまだ先だよ。

大水槽じゃお前が餓死しちゃうから。

たくさん食べてたくさん運動して早く大きくなってちょうだい。

赤が踊る

そうだ!と思いついてワンポイントカラーで赤色を指定。

10akahire002



10akahire003

アカヒレは改めて、“赤い”“ひれ”なんだなぁと思ったりもして。

出せない

次の日はアカヒレ幼魚です。

餌を食べるのが下手でなかなか成長しない、一匹だけ小水槽で暮らしているおちびさん。

栄養良さそうなので乾燥赤虫を与えているのですが。

10akahire001

大き過ぎのヤツあげちゃったみたい。

飲みこむこともできず、吐き出すこともできず。

これもピンセットを覚悟しましたが、数分かけて飲みこんでくれました。

ほっ。

赤い斑点

大分前にもこの症状のアカヒレを見たことあるのですが、体に赤い斑点が出ています。

以前のアカヒレに出ていた赤い一つの斑点は2週間ほどできれいに無くなったのですが、

このアカヒレはこちらの面に四つ、反対の面に二つも出ているので少し心配。

09akahire088

一番の暴れん坊なので何かで傷ついたのでしょうか。それとも病気?

これから注意して観察しないと。

コンデジ

家庭用にずっと欲しかったデジイチを買ったとたん水槽を初日から撮影していた10年物のどでかデジカメが壊れ

しばらくデジイチで水槽を撮影していましたが、

いつでも簡単に取り出せるよう手軽なコンパクトデジカメを買ってしまいました。



このコンデジ、最近のカメラは小さいくせに機能がたくさんあってすごいんですね~。(かなりお年寄り的発言。)

「水族館モード」という機能で撮影してみましたよ。

水槽の中にいる生物を自然な色で撮影できるそうだ。

09akahire087

アカヒレが金銀パールピンク色に輝いています。実際の目ではこんな風に見えているのかも。

綺麗だけど接写はできないのでこの水族館モードの出番はあまりなさそうです。

色々勉強しながら試し撮りを楽しんでいます。

初・小松菜

そういや、ほうれん草は何度も与えていたけれど小松菜は初めてなのだった。


ほうれん草の時と同じく水温計に巻きつけセット。
09dougu078


問題なく、食う、アカヒレ成魚達。
09akahire084


初めて青野菜を見るアカヒレ幼魚がいる小水槽にも入れてみた。


こちらも問題なく、ばくばく食う、アカヒレ幼魚達。
09akahire085

心して食えよ~!なんと言っても飼い主の餌の三倍の値段なのだから。


野菜は水換えの前日にあげる。

翌朝、緑色の糞が大量に落ちているから。


しかし、なぜ餌だとわかるのだろう。

見た目、水草と変わらないのに。

不思議だ。

続きを読む

「水窓」データ

PROLOGUE
田んぼですくってきた体長1cmの稚魚はどじょうの赤ちゃんだった!二つの小さな水槽での、どじょうの幼魚「イヌ」(あだ名:モフ、呼び名:もったん)と、11匹のアカヒレ成魚と、その子である幼魚8匹の観察日記。


HISTORY
2008/05 水槽を買い、田んぼに生き物を探しに行きどじょうの稚魚7匹を連れ帰る。1匹生き残る。「イヌ」と命名。
2008/06 アカヒレ11匹購入&繁殖第一期(8匹)。
2008/10 コリドラス・ステルバイの「ミカン」購入。
2008/11 「イヌ」と「ミカン」死去。
2008/12 アカヒレ幼魚1匹死。
2008/12 アカヒレ繁殖第二期(32匹)。
2008/12 石巻貝2匹購入。「アオ」「ミドリ」と命名。
2009/04 アカヒレ幼魚1匹死。
2009/04 アカヒレ初代7匹を実家へ、稚魚32匹を友人へ。
2009/05 アカヒレ繁殖第三期(11匹)。
2009/05 田んぼからどじょうの稚魚2匹を連れ帰る。「モツ」「ボタン」と命名。
2009/06 石巻貝「ミドリ」死。
2009/06 ヤゴ登場。
2009/07 アカヒレ幼魚2匹死。
2009/08 ヤゴ全滅。
2009/09 アカヒレ幼魚2匹死。
2009/10 アカヒレ1匹死。
2009/11 レッドチェリーシュリンプ2匹購入。「アルファ」「ベータ(抱卵)」と命名。
2009/11 レッドチェリーシュリンプ稚エビ11匹誕生。1匹死。
2009/12 レッドチェリーシュリンプ稚エビ2匹死。
2010/02 アカヒレ1匹飛び出し死。レッドチェリーシュリンプ稚エビ2匹死。
2010/03 レッドチェリーシュリンプ稚エビ1匹行方不明(死)。
2010/05 レッドチェリーシュリンプ稚エビ1匹死。抱卵稚エビ1匹死。(3匹残り)
2010/05 レッドチェリーシュリンプ稚エビ続々誕生。
2010/06 アカヒレ1匹病死。
2010/07 レッドチェリーシュリンプの「ベータ」死。
2010/08 レッドチェリーシュリンプの「アルファ」死。
2010/11 コリドラスコンコロール購入。「タナカ」と命名。
2011/09 石巻貝の「アオ」死。
2012/02 アカヒレのスミオ死。
2012/03 ベネズエラオレンジのラニ、サザエ石巻貝のキイロ購入。
2013/08 どじょうのボタン死。
2014/04 現在のメンバー、どじょう「モツ」、コンコロ「タナカ」、ベネオレ「ラニ」、サザエ石巻貝「キイロ」、
赤ヒレ6匹レッチェリ20匹以上。



【第1水槽】(2008.5.17~)
コトブキDebutホワイトセット/36cm(360×220×315)約22L
(呼び名:「大水槽」)
■アカヒレ成魚5匹、どじょう1匹、コリドラスコンコロール1匹、ベネズエラオレンジ1匹、レッドチェリーシュリンプ3匹、サザエ石巻貝1匹
■上部フィルター(ウールマット、スポンジ、ブラックホール、EHEIMサブストラットプロレギュラー)
■10w1灯、8wクリップライト
■珪砂(3~7cm)
■ミクロソリウムウェンディロブ、アヌビアスナナ
■流木
■基本週1回1/3水換え、月1回ガラガラ洗い

【第2水槽】(2008.7.26~)
テトラRG-20HL/22cm(220×220×260)約9L
(呼び名:「小水槽」)
■アカヒレ1匹、レッドチェリーシュリンプ20匹位
■外掛けフィルターテトラAT-20(ウールマット、ブラックホール、スポンジ、SUDO濾過バクテリア繁殖用濾材リングタイプ)、底面フィルターNissoバイオフィルターミニ
■13wクリップライト
■AFJapan礫Sサイズ(3cm-10cm)
■ミクロソリウムウェンディロブ、アヌビアスナナ、ジャイアント南米ウィローモス、マツモ
■アクセサリなし
■基本週1回1/2水換え

【第3水槽】(2010.6.7~)
ニトリグラスベース/16cm(160×160×390)約7L
(呼び名:「花瓶水槽」)
■生体なし
■投げ込み式フィルター水作Mを底床の中に
■照明なし
■AFJapan礫Sサイズ(10cm)
■水草なし
■アクセサリなし
■基本週1回1/3水換え

【ボトルアクア】(2011.11.8~)
セリアプラスチックケース/9cm(90×90×70)約560ML
■生体なし
■フィルターなし
■13wスタンドライト
■水草一番サンド
■ミクロソリウムウェンディロブ、アヌビアスナナ
■深山石粒サイズ
■基本週1回1/2水換え

<<データ:2014/4/6改>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

mie

Author:mie
2008年5月に初めて水槽を買いました。
喰いしんぼのどじょうとアカヒレを飼っています。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
最近の記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
リンク
RSSフィード
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。