スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マツコの知らない世界

2015年9月15日 21:00~
TBS
「マツコの知らない世界」
劇的進化を遂げるアクアリウムの世界

楽しみだ~!
スポンサーサイト

2013

夏にPCが壊れ新しくしたら、使い慣れた写真加工ソフトが無くなった。

ペイントで編集をしてみるもなかなか慣れず。

10年以上便利に使っていたHP編集ソフト(Hotallホタル)も入れられないので、

下部の【水槽データ】の改変もままならない。



4年半共に暮らしたどじょうのボタンと、数匹のアカヒレを病気で亡くした。

相変わらず魚も貝もエビもかわいくて、

特にどじょうのモツには数時間おきに「お腹すいた?」「遊んでたのかい?」などと話しかけ

瞬きやあくびする姿に癒されカメラを持ったりしているけれどブログ更新の意欲は減ってしまった。



泳ぎ足りなそうなモツのために大きな水槽を設置する準備はしてるのに

未だに大地震が怖くて実現できず。

あとは水槽台と水槽だけ買えば外部フィルターもライトも(テクニカ高かったのに、箱ほこりかぶってる)、

砂も濾材も揃っているのに。



ブログを見てくださる皆様、久々の更新にも拘らず愛を持って“拍手”を押してくださった方々、

ありがとうございます

コメント返信が苦手なので、反応してくださる方がいるだけで

読んでくださった方がいるのだと本当~に嬉しくて励みになっていたのですけれど

私がちゃんとするまでしばらくの間ブログから遠ざかりそうです。

またいつかアップした時に見てくださると嬉しい。




みなさま、良いお年をお過ごしください。

これからも明るい嬉しい、時折悲しい事があっても“やっぱり楽しい”アクアライフを過ごせますよう。

13dojou01
最新ショット。大水槽で同居中の
どじょうのモツ、コリドラスコンコロールのタナカ、ベネズエラオレンジのラニ、の3匹。
(アカヒレとレッドチェリーシュリンプも数匹ずつ居ります。サザエ石巻貝のキイロちゃんも。)



今までありがとうございました!!!

aquamind laboratory

4か月ぶりの更新です。
水窓の面々は変わらず、と言いたかったのですが
悲しい別れがあり未だ心の整理できず、なかなか書くことができませんでした。
次回書けるといいのですが。

今日は別の話。
ネットショップaquamind laboratoryさんからメルマガ最終便が届きました。
閉店(予定)のメルマガを受信したのは6月。
まだまだ先のことだと思っていたらもうこの日が来てしまったのですね。
11月11日で終了だそうです。

アクアリストのおしゃれ心をくすぐる
使いやすくてカッコいいパッケージの試薬などが買える素敵なお店でした。

13zakki011

初めて手に入れた時は感動して、こんな記事をアップしました。

オープンから7年半。多忙な仕事が落ち着いたらいつか再開なさってくださると嬉しい。
aquamind laboratoryさん、今までありがとうございました!

沖縄の水槽たち2

海中道路途中にある道の駅「海の駅あやはし館」にあった海水水槽。
13zakki005

中には小魚や貝など。右奥のつくしのようなサンゴ?海藻?が気になります。
13zakki006

ぬちまーす(塩)の工場を見学。玄関にあった水鉢。
13zakki007

中にいたのは、グッピー!やっと淡水水槽(?)に会えました。
エアーも濾過も無いのに、たくましい。
13zakki008

横を通り過ぎる時、木の上でのっそり動く物体が視界に入り一瞬「ハブっ?」と思ってしまった。
浜比嘉島の木の幹をのんきに歩いてた巨大なやどかり。
その大きさにびっくり。貝殻だけで10cm程。
オカヤドカリかな?検索しても同じ写真が出て来ない…
13zakki009

以後、水槽に会えなかったので食べられる魚を。
第一牧志公設市場にて。1Fの市場で選んだ魚を2Fの食堂で料理してもらう。
13zakki010

私が注文したのはイラブー(エラブウミヘビ)そば¥1500。
イラブーを食べてみたくて全店の貼られてあるメニューを歩きながら凝視。
この日は1店にしかメニューは載ってなくて「がんじゅう堂」という店に入りました。
初イラブーは特に癖も無く、とにかく骨が多かった、ってのは覚えてます。

帰宅してから調べたら、沖縄の三大高級魚は
「アカマチ(ハマダイ・オナガ)」「アカジン(スジアラ)」「マクブー(シロクラベラ)」だそう。
そんなこと知らずに連れが勧められるがままに選んで食したのは「ミーバイ(ハタ類全般の呼び方)」。
刺身とバター焼きと、アラはみそ汁にしてくれて、魚¥3600+調理費一人¥400×2=¥4400
「うん、ハタの刺身だな」と思いながら食べました。
今度沖縄に行ったら、三大高級魚のどれかを食べるぞ!

(終わり)

沖縄の水槽たち1

THE BOOMのnew album「世界でいちばん美しい島」の発売日なので、浮かれて記事アップ。



沖縄に行って来たのです。

とっくに梅雨入りしていて、毎日曇り+小雨でした。

空港内の海水水槽。
13zakki001

私が大好きなナポレオンが寄って来てくれた!
13zakki002

15年位前インドネシアでダイビング中2m近い大きさのナポレオンに至近距離で出会った時、
もんのすごい迫力で、びびって溺れそうになったことを思い出しました。
13zakki003

ホテルのフロントにあった海水水槽。
13zakki004

さすが沖縄、淡水水槽にはなかなか会えなそうです…。

(続く)

スカパー10日間無料放送

メモ
(*CS1テレ朝チャンネル2の分を6/4につけたしました)


6/1~10スカパー無料の日

アクア関係テレビ番組

『水景日和』
CS1テレ朝チャンネル1

#5 6/2 4:00~5:00
#6 6/3 4:00~5:00
#7 6/5 4:00~5:00
#8 6/6 4:00~5:00
#9 6/7 4:00~5:00
#10 6/9 4:00~5:00
#11 6/10 4:00~5:00

CS1テレ朝チャンネル2
#20 6/1 4:00~5:00
#21 6/2 4:00~5:00
#22 6/4 4:00~5:00
#23 6/5 4:00~5:00
#24 6/6 4:00~5:00
#25 6/7 4:00~5:00
#26 6/8 4:00~5:00
#27 6/9 4:00~5:00



『魅惑のアクアリウム』
アニマルプラネット

#18 6/1 13:00~14:00(再6/5 10:30~11:30)
#19 6/5 19:00~20:00

夏の名残り

12zakki006

取り出したは良いけれど、1週間ほったらかしている夏の名残り達。

掃除して箱にしまうの面倒~。

絶対に買った時の様には箱に収まりきらないからイライラしてしまうのです。

だから1週間このまま。よけいほこりかぶるっちゅうねん!

ビール飲みながらGANGA ZUMBAのライブCD聞いてテンション上げて片付けましょう。

…明日ね。



いや、その前に、このブログは2ヶ月間もほったらかしてしまいました。

夏休み帰省して遊びすぎました。

不在中コメントくださった皆様、ありがとうございます。私、生きてます。

これからぼちぼち更新していきますので気長にお付き合いくださいませ。

月と太陽

半年前からスケジュール帳に書きこんで、

2ヶ月前から日食グラスを買って準備していた金環日食。

千葉の空は前半絶好調!

夜の続きで起きていたので片手にビール、片手にカメラ。

すっぴんの肌に日差しがギンギンに突き刺さります。

このまま行けるか?の期待をよそに最大時には厚い雲に覆われて日食グラスは役立たず。

きーーー!

でも、この写真。

12zakki005

厚い雲のおかげで裸眼でこのリングを見られたから良かったのかもしれません。

次は6月6日の金星の太陽面通過。

ちくった

作成途中。

右見て
12zakki002

左見て
12zakki003

第二弾完成!

中心に針金を入れたので体が曲がります。

12zakki004

第一弾よりは上手になったと思うけどどうだろう。

ねぇモツ、似てるかな?

12dojou016

ちくちく

12zakki001

こたつの中で、ちくちくちくちく、羊毛フェルトやってました。

第一弾、勢ぞろい。

まだへたくそ。

影とヒカル

楽しみにしていた10日の皆既月食。

皆さんは見られましたか?

私はもう、目覚まし時計でアラームかけてスタンバっていましたよ。

雲の切れ間から撮影しました。

11zakki008

11zakki009

こんな好条件で最初から月食を見ることができたのは初めてです。

すっごく寒かったけれど時間が経つのを忘れてしまうくらい見惚れちゃいました。





11zakki010

欠けるにつれピントが合わなくなり、こんな不思議写真も撮れちゃった。

これ、ほぼ皆既食の最大あたり。

影なのに光ってる不思議。

なんだか肌色。生々しい。腸みたい。見たことないけど。

地震対策マニュアルゲット

アクアデイズさんの記事を読み、かねだいに行ってきました。

ADAの地震対策マニュアルを読んでみたくて。

いつもの場所(レジ奥の柱のかげ)のワゴン内かと思ったが無し。

店内をさりげなくまんべんなく眺め歩き、もうダメかと諦めた最後(店員さんに尋ねる寸前)、

ADA水槽の下のスペースにひっそりと置いてあるのを発見。

すぐに聞けばいいのだけど、いつも店員さんは忙しそうで躊躇してしまう。

場所が変わったワゴン内のLOVE FISHとMAME DESIGNのちっちゃくてオシャレなパンフレットもゲット。

11zakki005

書いてましたね~。「水割りで飲んでいます。(^_^)☆」

「お見事!」としか言えません。

いや、いくら私が飲兵衛でも、水槽水飲むのは無理っす。>teruki1997さん

11zakki007

((そう言えば、ADAのカタログブック

「THE BOOK OF ADA」では
フィルター停止30分後から一気に溶存酸素量が低下するので
30分以上フィルターを停止しなければいけない時は微生物の酸欠を防ぐため
フィルター内の水を抜くようにと書かれていましたが、
「地震対策マニュアル」では
フィルターの水を抜かず3時間放置しても低濃度で検出されたNH4以外の水質には特に変化はなかったので
水を抜かずそのままの状態で停止させておくことをおすすめすると書かれている。

うちに外部フィルターは無いけれど、白パンフの情報を信じていたから
餌やり後フィルターの再稼働を忘れて数時間たっちゃった時、
バクテリア死んじゃった?と、ものすご~く気に病んでいたのにそんな心配なかったんですね☆))



ついでに入口にあった千葉なびも。

vol.2だけど初見!

A5サイズ(LOVE FISHの半分)だけど4mmの厚さがあり、まるで雑誌みたい。

11zakki006

おいしそうだな~、うちから近いかな~、行ってみようかな~。って

外食が簡単に思えていた日は、幸せだったんだな。今になって、わかること。

地震

地震で被害にあわれた方に少しでも早く心の安らぎが来ることを願うとともに、
亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りします。



水槽ブログなので、水槽のことを書きます。

千葉の我が家は震度6弱でつかまらないと立っていられない程だったのですが、
3つの水槽は倒れることなく、それぞれ水が約3cm分、蓋の隙間から飛び出しただけでした。
下は絨毯で、水槽台の上では36cmのフチあり水槽のみ耐震対策済み。
オールガラス用の黒い大きなマットではなく四隅に水色のぷにぷにの耐震マットを敷いてました。
(22cmの小水槽と花瓶水槽は耐震対策無し。)
魚もエビも元気です。

青森の水槽持ちの友人とやっと電話が通じた時
全域停電でヒーターもフィルターも止まりいつ動くかわからない状態だと言っていました。
ほぼ丸一日後に停電は復旧したようなのですが、水槽の状態はまだ聞けていません。

今回の地震で愛魚を失った方もたくさんいらっしゃると思います。
とても悲しいことですが、どうか自分を責めないでほしいです。

今できることは、14日以降行う予定の「輪番停電」に対しての節電ではないかと思います。
不要な電気は点けないように。私も不要なコンセントを抜いて電気暖房控えます。

冷たい熱帯魚

1月29日から公開の映画「冷たい熱帯魚」。

熱帯魚店のシーンは水戸熱帯魚センターで撮影されたようです。

内容はバイオレンス~な様ですが気になります。

つり人

釣りに行った。
11zakki001

山梨の管理釣り場。
11zakki002

魚影たくさん。
11zakki003

レインボー。
11zakki004

釣りは置いといて、ここの宿で読んだ月刊「つり人」2月号の【「魚は何を感じているのか」を知る】という記事がおもしろかった。

魚の味覚の話。淡水魚の味蕾は口腔内より体表に多い傾向があり、その中でもコイやナマズのように髭がある魚は髭の表面に特にたくさんの味蕾がある。魚の視力の話。最も視力が良いカジキ類で0.5前後、沿岸の魚の多くは0.15~0.1前後。淡水域に棲む魚は色覚があり、大洋に棲む外洋性や中深層性の魚は色覚がないと考えられている。

などなど。

これがうちにいる魚達に当てはまるとしたら、私よりはるかに良い視力を持ち、餌の味だけでなく色も見分けているのかもしれない。私の服の色や顔色まで。今日は二日酔いだな、なんてばれていたりして。餌を与える時に、私が眼鏡をかけている時とコンタクトをしている時、どじょうの反応が違うと感じるのもあながち間違ってないことになる。

「釣る人」のためのものだが、「飼う人」のためにも役に立つ情報が載っている釣り雑誌。これからちょくちょくチェックしてみるのも良さそうだ。

ふさふさみどり

10zakki039

わざとぼかした写真じゃありません。

水槽手前のガラス面にピントを合わせています。

1週間に一度ちゃんと手前のガラス面をスポンジでこすり水換えしているのですが

(月に一度は4面のガラス面掃除、底砂のガラガラ洗い、アクセサリのゴシゴシ洗い&水換え)、

たった1週間でこのようにふさふさの緑色の藻がガラス全面を覆ってしまいます。

全く藻が出ないのも石巻貝のアオやレッドチェリーシュリンプにとっては死活問題ですが

この水槽のセットから1年半も経ったのにこのふさふさ具合はひどすぎるのではとも思います。

ブラックホールの交換を忘れ気味だから?と思ったりもしましたが

こういうものはそもそも入れずに済むのが良い状態のはずで…。

この上部濾過だけでは濾過不足なのでしょうか。

悩めるところです。

市ヶ谷フィッシュセンター

出かける場所の近くに熱帯魚屋さんがないか調べるようになったのはいつ頃からか。

…ここ一年くらいの間です。

市ヶ谷での飲み会前に【市ヶ谷フィッシュセンター】へ初訪問。

橋の上から眺めると、ちょっと不思議な雰囲気です。

すぐ脇を走る電車を待つ人がホームに見え、その奥にはずらっとビルが並ぶ。

この写真の左側には大きな釣堀があります。

都心でこの広さ、ドラマの釣堀シーンでもよく使われているようです。

10zakki037

本当にここが入口か(正面の中のドアに事務所と書いてあった)?と、近づいて離れて、

また近づいて勇気を出して入ってみるとすぐ左に店へと続く階段がありました。

10zakki038

上が道具売り場、下が魚売り場。HPで想像していたより狭い店でした。

下からは釣堀に出られるのですが、その途中で植物の鉢なども売っていてなんだか盛りだくさん。

雨模様の日でしたがたくさんの釣り人が糸を垂らしていました。

必要なものがあったけれど値段が高めだったので買わずに退散。

今度は釣堀に行ってみようかな。

2度目の松葉ボタン

去年種を植えた松葉牡丹

我が家のどじょうの小さい方、ボタンの名前の由来にもなった花です。

枯れた鉢をそのままにしていたら(冬、枯れていた葉を抜き捨てた後も水は与えていた)、

種が落ちていたようで今年は勝手に芽が出てきました。

たくましいです。

10zakki036

そして咲いた一輪目。

楚々とした赤い花。

気になるテレビ

水槽を持ってから、テレビの中の水槽も気になります。

『早く起きた朝は』フジ日曜6:30
10zakki031
金魚水槽。
先週は黒い金魚がいたのに今週はいないぞ、とか観察しています。



『ためしてガッテン』NHK総合水曜20:00
10zakki033
ブラックゴースト水槽。
他の魚が入った水槽もあるのですが、何といっても気になるのがブラックゴースト。
店で見て飼いたいと思ったのですが大きくなると知りあきらめた魚。素敵です。

10zakki034

10zakki035
全部で3つの水槽があり中の魚は時々変っているようです。
だけどブラックゴーストは必ずいます。



『グータンヌーボ』フジ水曜23:00
10zakki032
海水水槽。
麻布のLIME、一度行ってみたいものです。

他に水槽が見られる番組をご存知の方は、教えてください(^^)/

印度水槽3

インド民族舞踊を観られるレストランにあった金魚水槽。60cmだと思います。

赤8匹、黒1匹。珊瑚と水草がmixされた背景が素敵です。

橋のアクセサリなんて妙に親近感がわきます。インドも日本も同じアジアなのね~。

顔の濃さは全然違うのに。
10zakki021
背伸びして上蓋を撮影すると二つの穴。
10zakki022
水槽の後ろには…
10zakki023
赤い蓋のタッパーは餌入れのようです。(テトラミン?)
10zakki024





インディラ・ガンディー空港の海水水槽。

向こうに飛行機。
10zakki025
こちらに私。
10zakki026
どちらの水槽にも魚数匹とヒトデがいました。
10zakki027

ポーランドもそうでしたが、空港では水槽遭遇率高いかも。

暑いインドでも、空港やホテルではエアコンが効いているので維持しやすいのかもしれません。

終わり

続きを読む

印度水槽2

淡水水草水槽の左側には、これまた大きな淡水水槽と海水水槽が並んで設置されておりました。

それぞれ3m近くありそうです。

淡水水槽メンテ中のおじさんの邪魔にならないように撮影。
10zakki014
左に集中する魚達。
10zakki015
でかい、でかいよプレコ。
10zakki016
ガー(かしら?)もいます。
10zakki017



右側の海水水槽。
10zakki018
紅白のめでたい魚。これ一匹だけ。
10zakki019



こちらを見向きもしない真剣な表情のおじさん。

こんなに大きな水槽だとメンテも大変ですよね…。
10zakki020

汚水の入った青い容器。床には濾過マットが散乱していました。

何かトラブルでもありました?

ご苦労様です。

続く

印度水槽

私が持っている唯一のAQUA JOURNAL 2008年8月号vol.154によると

「世界水草レイアウトコンテスト」の参加者数でインドからは9名もいるんです。

アジアから参加の14ヶ国の内、11番目の参加者数です。

作品はもちろん写真ですら見ていないのですが、

水槽を維持している(?多分)ってことが本当にすごい!と思ったんですよ。

…毎日気温40℃以上でしたから。

もちろん時期や地域にもよりますが、私の北インド滞在中(インドでは初夏かな?)日中は常に半身浴状態でしたよ。

汗だくだく。

自由時間がほとんどなかったので水槽を見られる機会はないと思っていたのですが、

リクシャの客引きから逃げるために飛び込んだ高級ホテルのロビーで偶然発見しました!

快く撮影を許可してもらった木製の木枠に収まる1.6m以上ある大きな水槽。

10zakki010

魚はほんの数匹しかいません。

10cmくらい。なんて名前の魚かな。
10zakki011
ドイツラム?
10zakki012
エンゼルフィッシュ。
10zakki013

水草はこんなの。
10zakki028
10zakki029
10zakki030

名前、わかりません

続く

餌皿の砂位

以前から気になっていた餌皿の砂位の検証です。

いつも水換えの時に砂が入らないように餌皿を底床に埋め直すのですが

次の水換えの時には餌皿の中は砂でいっぱいになっています。

1週間で空の皿がどのようにして砂で埋まって行くのか。

前で後ろでどじょう達がちょろちょろしている写真でお楽しみください。


水換え直後
10zakki002
1日後
10zakki003
2日後
10zakki004
3日後
10zakki005
4日後
10zakki006
5日後
10zakki007
6日後
10zakki008
7日後
10zakki009


2日後には既に底が見えないという…笑

7日後には底床の高さと変わりないほど砂が入っています。

それに反して皿の手前と奥に大穴があいている。

どじょうがここで吸いこんでエラから吐き出した砂が、皿の中にたまって行くのですね。

飼い主が見てない時にもどんだけ餌探ししてるんだ。どじょう達よ。

寒さ

ベランダの、水鉢と言う名のただのコケ水たまり。

10zakki001

さっむーい日の早朝、氷が張っていました。


ここでアカヒレを飼おうかと思ったこともあったのですが

やめといて良かった。

来客

「ポーポ、ポッポポー」と歌うキジバト。

綺麗で、ペアで散歩する姿は微笑ましく、私が好きな野鳥です。

近所でよく見かけていましたが本日は我が家にいらっしゃいました。

レースカーテン越しに影が見えこっそり見ていたら、ベランダにおりた!

こんなこと初めて

とことことこと歩いて、小さな水鉢にちょんと乗った!

09zakki040

と思ったら、水飲んだ。。。

大丈夫かな。


今は亡きヤゴ(水槽のヤゴを数匹分けて入れていたが水槽のヤゴは死に、

水鉢もヤゴは見当たらなくなってしまっていた)がいた時から足し水だけで

相当とろみのついた水になっていると思うけど。

そんな心配をよそに、水鉢の水をごっくんと三口飲み、

物干し竿に止まって休憩してから華麗に飛んで行った。


ヤゴもいなくなったことだし水鉢リセット掃除してみるか。

ほったらかしていた水鉢を何とかしなきゃと思ったのはこのキジバトちゃんのおかげです。

また来てね。

記念日

実は、水槽を買った時からきっちり「水槽家計簿」をつけています。

去年2008年の5月から年末までの約8ヶ月間で水槽に使った金額は約¥64,000。

そして今年2009年1月から現在までの約8ヶ月間で使った金額は約¥36,000。

正確には¥100,506です。(生物・用具だけではなく古本アクア雑誌8冊も含む金額。)

に、しても

自分で言うのもなんですが、小さく、質素で、庶民的な、このしょぼい水槽の

どこにこんなにお金を費やしたのかと!我が身に問いたい。

水槽買ってからちょうど16ヶ月で¥100,506。

10万円超え記念~\(^o^)/


実家に準備した水槽一式で約¥12,000かかっているので

正確には10万円ではないですが、

ここと、
09zenkei027


これで、
09dougu059
(衣装ケース2つに収まるアクア用品(と空箱)たち。あ、冷凍庫にもえさが数袋ある。

約¥88,000かー。インド5泊、タージマハル観に行けたなー。

。。。インド旅行よりも、発見と驚きと喜びがある、myアクアリウム。

そう思おう。

咲 松葉牡丹

夏の間、毎日カラフルな花を匂わせてくれていた松葉牡丹。

どじょうの小さい方の名前“ボタン”の由来でもある花。

太陽前
09zakki037

太陽後
09zakki038

白、生成り、黄、橙、煉瓦、紫、赤、と七色の花を咲かせてくれていた

5月に植えた、普通の植物より2倍ほども二酸化炭素を吸収するという

C4型光合成をすると言われている植物の松葉牡丹 (1) (2) 。

09zakki039

二酸化炭素たくさん吸収してくれたかな。

花の季節も終わりのようです。

ポといえば7

↓最初に行ったショッピングモールの店ではかりに載せて買ってしまいました。
流木!!
1kg75zlで、量ったら2つで900円くらいだった。
戻ったホテルでこの写真を撮っていた時は
かっこいいのに日本より安くてラッキー!と思っていたのですが、
帰国前スーツケースにつめながら「片面から枝飛び出るわ。」とぶつくさ言い、
「植物検疫要るのかな?」と不安に陥り、
場所取るわ見た目怪しいわでかなり厄介な存在に。
でも、ま、せっかく買ったのだしと、
通関で止められた場合説得する単語を調べ、かなり理論武装していたのですが
(購入時の“アクアアート”と印刷されているレシートを備え、
「これは死んでいるから植物じゃない、木工品であり
世界に一つしかない芸術作品であ~る。」という文をメモ)、
実際は何の咎めも受けず日本上陸できました。
もし通関員の逆鱗に触れた場合どういう対処をされるのでしょう。
(事実死んだ枝?根?だし。)
咎められる理由も無いと思うけど。
09zakki020

↓スピルリナと野菜餌。
日本の野菜餌は量が多くて高いのに
これは量が少なめで安めで、実際の食いつきもとても良かったです。
どじょうの夕飯アカヒレのおやつとして活躍しています。
09zakki035

↓ついでに発酵式二酸化炭素用にスーパーでゼラチンとイースト菌も買いました。
ゼラチンの原材料にはっきりと豚肉と書かれていました。
どんな感じか楽しみです。
09zakki036

(終)

ポといえば6

↓別のショッピングモール内のペットコーナーです。
よく行っていた店舗なのですが、以前も水槽あったかな~。
ねずみやウサギや鳥の小動物ばかりだったはず。
一昔前の極小で性能があまり良くないデジカメでしか撮れなかったので
仕方ないですがボケ倒してますね。
目立つ電化製品は持ち歩くのが怖いのです。
09zakki021

↓久々ポーランドに戻って来て、水槽を見て思っていたことを書きます。
ヒーターでか過ぎ、フィルターちび過ぎ!
日本人ならそう思いますよね。
日本のショップのほとんどが底面濾過なのに対し、こちらはほとんどが
(ショップ2軒、個人2軒、インテリア1軒(空港)しか見ていないですが)
この、外掛けとも言えない「内付け円柱型フィルター」ばかり。
何つうの?このフィルター。
……。あ!
一番近いのは水中フィルターと呼ばれる水作の「スペースパワーフィット」だ!
使ったことないけど同じような仕様なんじゃないかと。
09zakki022

↓アカヒレとコリドラス。
アカヒレはポーランド語で「Kardynalek Chinski(カルディナウェク ヒンスキ)」のよう。
コリドラスは「Kirysek(キルィセク)」です。
09zakki023

↓水草は三段滝状態の六角形のかっこいい水槽に入っていました。
一律11,99zl(ズウォティ)。360円くらい。
エキノドルスも数種入っていました。
09zakki024

↓アクセサリ類。日本では売られてない面白いのがあったけど。
09zakki025

↓道具?部品?見たことない形のものばかり。
右上が例のフィルターだと思うのですが
このコーナーの手前に鎖が貼られていて触れ見ることができなかったのです。
09zakki026

↓アクアセーフや水草栄養剤などはあったのですが、
アレが見当たらないんです。別の店でも。アレ。。。って、そうカルキ抜き!
日本では「これ基本!」って感じなのにね。
みつけられなかっただけなのかなぁ。
ただ前述の友人は「薬は使わない。水換えは1週間くらい貯め水して水槽に入れる。」
と言っていました。
バスルームに20L くらいの水道水入りポリタンクを3つ重ね置きしていました。
塩素添加、日本が異様に多かったりするの?
09zakki027

↓餌コーナー。
テトラとトロピカル社の物が主。
09zakki028

↓店舗外側に大きな水槽が。
私が横になった長さを想像するに150cm程だと思います。
前景後景関係なくバリスネリアを敷き詰めるのが人気なのかも。
09zakki029

↓ぼーっと見ていたのですが大きなクラウンローチを2匹発見。15cmくらい。
それから釘付け。
黒ずんでくすんで必死に餌探ししていて1匹は尾が溶けてしまっています。
ディスカスや大きなグラミーもいます。
09zakki030

↓横に置いてあったので、フィルターはこれだけだと思う。
09zakki031

↓レジ前にこじんまりしてわりときれいな水槽あり。
09zakki032

↓中にエビもいます。ポーランド初エビと対面です。
ヤマトのようなミナミのような透明な日本で見慣れた姿。
名前を見ると、上から2番目「KREWETKA AMANO(クレベトカ アマノ)」と。アマノノエビ?
…アマノ?どっかで聞いたことあるぞ。エビの輸出をしているの?
いや、このエビの存在をポーランドに知らしめたということか?
ポーランド語のウィキペディア
http://pl.wikipedia.org/wiki/Krewetka_amano
こちらで読むとヤマトヌマエビをこう呼んでいるようですね。
09zakki033

↓現在売られている水槽のほとんどがこんな形です。
黒い枠有り、照明付きの蓋があって、上部フィルターと見せかけて上部じゃない。
餌やり用の窓が小さく開く様になっています。
餌やり用の窓、開けて撮らせていただきました。
大きさは多分60cm。あ、水槽の中に60と書いてますね。
高っ!うちのと同じくらいの値段?!と思った記憶があるので、
これは水槽だけで12,000円くらいだと思います。
うちのコトブキデビューは36cmでセットで12,800円だったから。
09zakki034

(続)

ポといえば5

↓熱帯魚店には行けませんでした。というか、LODZにはナイのでは。
大きな花市場が日曜だけ熱帯魚市場になるそうです。
滞在が日曜にかからなかったので残念ながらその様子は見ることができなかった。
これは新しくできたショッピングモール内のペットコーナー。
アクアリストの多くは市場で購入し、このような高いペットコーナーでは購入しないそう。
藍藻大発生の水槽に、霞んで魚が見えなくなるほど
多量のブラインシュリンプをまいている餌やり現場を目にしました。
うわわわ~。と悲しくなりました。
09zakki014

↓金魚がいた。
09zakki015

↓アカヒレがいましたよ。色抜けしてますが。
09zakki016

↓水草わずか。
中央のパックにはコケ(ウィローモス?)が入っていました。
09zakki017

↓岩。
種類によってキロ単位の値段表示。
そばにはかりが置いてあり自分で量って値段を確認します。
09zakki018

↓流木。
これも種類によってキロ単位の値段表示。
09zakki019

(続)

「水窓」データ

PROLOGUE
田んぼですくってきた体長1cmの稚魚はどじょうの赤ちゃんだった!二つの小さな水槽での、どじょうの幼魚「イヌ」(あだ名:モフ、呼び名:もったん)と、11匹のアカヒレ成魚と、その子である幼魚8匹の観察日記。


HISTORY
2008/05 水槽を買い、田んぼに生き物を探しに行きどじょうの稚魚7匹を連れ帰る。1匹生き残る。「イヌ」と命名。
2008/06 アカヒレ11匹購入&繁殖第一期(8匹)。
2008/10 コリドラス・ステルバイの「ミカン」購入。
2008/11 「イヌ」と「ミカン」死去。
2008/12 アカヒレ幼魚1匹死。
2008/12 アカヒレ繁殖第二期(32匹)。
2008/12 石巻貝2匹購入。「アオ」「ミドリ」と命名。
2009/04 アカヒレ幼魚1匹死。
2009/04 アカヒレ初代7匹を実家へ、稚魚32匹を友人へ。
2009/05 アカヒレ繁殖第三期(11匹)。
2009/05 田んぼからどじょうの稚魚2匹を連れ帰る。「モツ」「ボタン」と命名。
2009/06 石巻貝「ミドリ」死。
2009/06 ヤゴ登場。
2009/07 アカヒレ幼魚2匹死。
2009/08 ヤゴ全滅。
2009/09 アカヒレ幼魚2匹死。
2009/10 アカヒレ1匹死。
2009/11 レッドチェリーシュリンプ2匹購入。「アルファ」「ベータ(抱卵)」と命名。
2009/11 レッドチェリーシュリンプ稚エビ11匹誕生。1匹死。
2009/12 レッドチェリーシュリンプ稚エビ2匹死。
2010/02 アカヒレ1匹飛び出し死。レッドチェリーシュリンプ稚エビ2匹死。
2010/03 レッドチェリーシュリンプ稚エビ1匹行方不明(死)。
2010/05 レッドチェリーシュリンプ稚エビ1匹死。抱卵稚エビ1匹死。(3匹残り)
2010/05 レッドチェリーシュリンプ稚エビ続々誕生。
2010/06 アカヒレ1匹病死。
2010/07 レッドチェリーシュリンプの「ベータ」死。
2010/08 レッドチェリーシュリンプの「アルファ」死。
2010/11 コリドラスコンコロール購入。「タナカ」と命名。
2011/09 石巻貝の「アオ」死。
2012/02 アカヒレのスミオ死。
2012/03 ベネズエラオレンジのラニ、サザエ石巻貝のキイロ購入。
2013/08 どじょうのボタン死。
2014/04 現在のメンバー、どじょう「モツ」、コンコロ「タナカ」、ベネオレ「ラニ」、サザエ石巻貝「キイロ」、
赤ヒレ6匹レッチェリ20匹以上。



【第1水槽】(2008.5.17~)
コトブキDebutホワイトセット/36cm(360×220×315)約22L
(呼び名:「大水槽」)
■アカヒレ成魚5匹、どじょう1匹、コリドラスコンコロール1匹、ベネズエラオレンジ1匹、レッドチェリーシュリンプ3匹、サザエ石巻貝1匹
■上部フィルター(ウールマット、スポンジ、ブラックホール、EHEIMサブストラットプロレギュラー)
■10w1灯、8wクリップライト
■珪砂(3~7cm)
■ミクロソリウムウェンディロブ、アヌビアスナナ
■流木
■基本週1回1/3水換え、月1回ガラガラ洗い

【第2水槽】(2008.7.26~)
テトラRG-20HL/22cm(220×220×260)約9L
(呼び名:「小水槽」)
■アカヒレ1匹、レッドチェリーシュリンプ20匹位
■外掛けフィルターテトラAT-20(ウールマット、ブラックホール、スポンジ、SUDO濾過バクテリア繁殖用濾材リングタイプ)、底面フィルターNissoバイオフィルターミニ
■13wクリップライト
■AFJapan礫Sサイズ(3cm-10cm)
■ミクロソリウムウェンディロブ、アヌビアスナナ、ジャイアント南米ウィローモス、マツモ
■アクセサリなし
■基本週1回1/2水換え

【第3水槽】(2010.6.7~)
ニトリグラスベース/16cm(160×160×390)約7L
(呼び名:「花瓶水槽」)
■生体なし
■投げ込み式フィルター水作Mを底床の中に
■照明なし
■AFJapan礫Sサイズ(10cm)
■水草なし
■アクセサリなし
■基本週1回1/3水換え

【ボトルアクア】(2011.11.8~)
セリアプラスチックケース/9cm(90×90×70)約560ML
■生体なし
■フィルターなし
■13wスタンドライト
■水草一番サンド
■ミクロソリウムウェンディロブ、アヌビアスナナ
■深山石粒サイズ
■基本週1回1/2水換え

<<データ:2014/4/6改>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

mie

Author:mie
2008年5月に初めて水槽を買いました。
喰いしんぼのどじょうとアカヒレを飼っています。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
最近の記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
リンク
RSSフィード
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。