スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


生物を飼う責任の重さを考える。

個体を判別=名前をつける ことの怖さを思う。

体は小さくても大きな一つの命。


チビを殺してしまった。

別水槽に移したことがいけなかったのか。

塩を入れたのがダメだったのか。


病気で寿命だったのかもしれない。

そういう運命だったのかもしれない。


でも私が田んぼから拾わなければ…

適切な処置ができていれば…



7匹のどじょうは4匹になってしまった。

どじょうは思っていたより繊細な生物だ。

残る子達を精一杯育ててあげたい。

スポンサーサイト

病気

dojou017


dojou018


dojou019


名前なしのチビの尾ひれがほとんどなくなり

白いもわもわしたカビの様なものに包まれていることに気づいた。

ほとんど動かない。

15mm程の細い稚魚。

どうすべきか。


続きを読む

日模様

一日一日、

小さな水槽の中でたくさんの心配事が起きます。


くっちゃんの次に小さな個体(名前なし)は水草の上で休もうと

ほとんど無い尾ひれを必死に動かし上へ上へと泳ぎます。

水草からずり落ちてしまっても何度も浮上します。

ほぼ丸一日水草の上にいました。



もう1匹、くっちゃんとは逆方向に体が曲がっている「ノッちゃん」は

下半身がどうしても浮いてしまうらしく水面に浮いています。

底に沈んで来たと思ったら今度は逆立ちしています。


どうしたんだろう、大丈夫かな、と心配していると

翌日には底でぼーっとのんびりしていたりします。

5匹

dojou020


くっちゃんが死んでしまった。

いつものようにえさをあげた時は生きていた。

しばらくして様子を見に行くと横になっていて

水槽をとんとん叩くと泳ぐ。

またしばらくたって見に行くとまた横に。

スポイトでそっと触ってみる。動く。

何度か繰り返していたのに夜には

全く動かなくなってしまった。

今までも「死んだ振りかよっ!」

みたいなことがあったから大丈夫だと思ってた。

工夫してみた

流木を4本に増やしたことで茶色い水が不安でしたが、

PH値も亜硝酸値も問題なくアカヒレも元気一杯だったので

どじょう達も水槽に戻しました。

dojou016



お気づきの方、いらっしゃいますか?

多くのえさが底に落ちてしまうという問題解消のために

アクアボックスにある工夫を施しました。


100円ショップの「PPシート」をはさみで切り

底にぴったりと(可能な限り)入れ込みました。

PPシートとアクアボックスの間に稚魚が挟まってしまったりしたら大変です。

このカッティング作業は、まあ、こりゃー、相当神経を使いましたよ。


カボンバ生け花作戦も気に入っていたのですが

こっちの方が確実です。

えさも、フンも、下に落ちません。

どじょう達も元気です。

共存

水温合わせ、水質合わせ後のアカヒレ。

水槽に移し丸1日経ちました。

まだキョドっていますが11匹全員元気です。

akahire002


さて

その頃、昆虫水槽内では。。。

メジャーをセット。

dojou014


なんで全員タテやねん!?


でも一番大きな2匹は2cm以上はあるんじゃまいか?

田んぼから拾って来て1ヶ月で約1cm成長したことになります。

この成長速度は自然界と比べてどうなんでしょう。



今では個体の区別が付くようになっています。

dojou015


一番小さくて体が曲がってしまっている「くっちゃん」です。

ひらがなの「く」に似ているので「くっちゃん」。

泳ぐとくるくる回ってしまいうまくえさを食べることもできません。

いつもついつい気にかけてしまう存在です。

がんばれ~!

新参

どじょうの稚魚6匹ではうまく水槽が回らない気がしていました。

考えた末、新しい仲間。

アカヒレ「10匹、210円」也。

サイズにはばらつきがありますが結構小さい子達です。

1匹の値段ではいくらだったかな。30円だったかな。

他店では1匹100円の店がほとんどだったので

さすがです。かねだい。

しかも、数えたら11匹入れてくれていたので、更にさすが!です。

一晩水合わせ中。

akahire001


水換え

休日です。

留守後やっと水換えとレイアウト変えができます。


煮沸後、留守中もずっと水に漬けていた流木3本を入れました。

かなり茶色い色が出ていたので不安。

流木は全部で4本になりました。

流木の形や色や存在感、かなり惹かれます。

どんどん買ってしまいそうで怖い^_^;


100円ショップで買った白玉石は

アマゾンソードにテグスでくくりつけた物と

アナカリスの押さえに使っている物以外は取り出しました。


書き忘れていましたが

竹炭は100円ショップのザ・昆虫(笑)、「鈴虫のおうち」です。

店にある全ての商品をフックから取って見比べ、

割れておらずヒビも無くまんべんない黒色で

しかも節が無い(貫通している)物を選んで

流木と一緒に煮沸(1時間×5回)したものです。


zenkei003



どじょうは昆虫水槽に避難中。

カボンバ

どじょうって

どうして


こんな

dojou013



こんな

dojou012


無防備な姿で、水草に寄り添っちゃって。

…カワイイ


お試し

そうそう、留守にする前にちょっと試したことがあるんです。


「留守番フード」を購入する前にどじょうのえさを検索をしていて、

ご飯や豆腐や麩なんかも食べるらしいと読んだので

留守中の保存食になるかと思って入れて試してみました。

ご飯粒。

dojou010


「なになに?この白いの?」

わらわらと寄ってきます。

でもご飯の表面がつるつるで、

ましてやこの小さい口ですから思うようには食べられないようで

どんどん押して隅っこに追いやられて行きました。



お次は(別の日です)、木綿豆腐。

dojou011


「なんかまた白いのキターーー!」

ご飯粒よりでこぼこしているもんですから少しは食べやすそうです。

これも執拗につつきまわします。


ご飯も豆腐も本当に好きなんですね。


結局、うちの水槽サイズと生体数に合う「留守番フード」を発見したので

これを入れて留守にしたのですが、

予備にご飯粒も一粒入れて家を空けたのでした。

(豆腐よりは腐り難そうだったので。)


帰宅後、ご飯粒はふやけてかびてました。

即、撤去いたしました。

帰宅しました

3日間の留守。

正直言って全滅も覚悟していましたが

6匹全部無事でしたーーー!

良かった。


約3日分という「留守番フード」はまだ溶けきっておらず、

どじょうに見向きもされておらず、

本当にこれが栄養源になっていたのかどうかはわかりませんが

無事だったので良し!

3日間留守


3日間留守にします。

6匹どじょうよ、お願い元気でいて。

「留守番フード」という直径1cm位の半球状のえさを入れて

私はでかけます。

小技

便利で視界が良いお気に入りのアクアボックスですが

欠点が一つ。

底穴から多量のえさが落ちてしまう!


どじょうが底にあるえさを小さな口でつついて

どんどん押して行く内に

はらはらと多くのえさが水槽の底に沈んで行きます。

底に沈んだえさを処理する生体も濾過機もありません。


そこで考えたのがカボンバ生け花作戦。

dojou007


カボンバの葉を一つずつ底穴に挿してみました。

上から落ちて来たえさが少しでも葉に引っかかればと思って。

あまり意味ない?

dojou008


そうでもない?

dojou009


葉下でまったり中

6匹

昨日昆虫水槽に戻した一匹。

夜も水槽を軽く叩いたり揺らしたりすると反応があったのに

今朝、死んでしまっていました。

原因は私の配慮の無さです。


今考えると

水道水で洗ったばかりの網で

わずかな水の中にいる

弱い個体に触ってしまったことが原因じゃないかと思います。

塩素ショック(そんな言葉があるか分かりませんが)、反省です。

ごめんね。チビよ。


引越し二日目

今日までで7匹のどじょうにはかなり個体差が出ています。

がんがんえさを食べるもの。

ほどんどえさに関心を示さないもの。

よって体長にも相当の差が出ています。

体形にも。

何匹かは腰?背骨?が曲がって泳ぎ辛そうです。



さて、

昨日水槽に移した元気上位3匹は一日経っても無事でいたので

残りの4匹も移動させました。

dojou006



続きを読む

in

水合わせを充分したところで

アクアボックスをinした水槽にin。

ただし、

まずは元気なのを3匹だけ入れて様子を見ようと思います。

投入ーーー!

ど、どう?

だ、大丈夫?

dojou005


っと!

下半身がアクアボックスの底の穴から落ちちゃってます。

全景2

水槽をまわしてから3週間。

どじょうらしき稚魚を拾ってから2週間。

いよいよどじょうを本来の水槽に移す日が来ました。


なぜなら来週3日間家を空けるため、

今まで毎日やってきたえさやりも

1/10水換え(残りえさ&フン取り)も

夜、暗所に移してから1時間のエアレーションもできなくなるからです。


かと言ってこの小ささの稚魚です。

このままホイッといれたら二度と再会できそうにありません。

そこで購入しました。アクアボックス。

いや~便利なものがあるんですね。

今の水槽はこんな感じです。

zenkei002


オニキスは早々に取り出しました。

代わりに流木と竹炭と白玉石が増えております。

昼寝

↓3匹います。

dojou004


「水草の上はきもちいいなあ~」

と言っているのかなんなのか。

「水窓」データ

PROLOGUE
田んぼですくってきた体長1cmの稚魚はどじょうの赤ちゃんだった!二つの小さな水槽での、どじょうの幼魚「イヌ」(あだ名:モフ、呼び名:もったん)と、11匹のアカヒレ成魚と、その子である幼魚8匹の観察日記。


HISTORY
2008/05 水槽を買い、田んぼに生き物を探しに行きどじょうの稚魚7匹を連れ帰る。1匹生き残る。「イヌ」と命名。
2008/06 アカヒレ11匹購入&繁殖第一期(8匹)。
2008/10 コリドラス・ステルバイの「ミカン」購入。
2008/11 「イヌ」と「ミカン」死去。
2008/12 アカヒレ幼魚1匹死。
2008/12 アカヒレ繁殖第二期(32匹)。
2008/12 石巻貝2匹購入。「アオ」「ミドリ」と命名。
2009/04 アカヒレ幼魚1匹死。
2009/04 アカヒレ初代7匹を実家へ、稚魚32匹を友人へ。
2009/05 アカヒレ繁殖第三期(11匹)。
2009/05 田んぼからどじょうの稚魚2匹を連れ帰る。「モツ」「ボタン」と命名。
2009/06 石巻貝「ミドリ」死。
2009/06 ヤゴ登場。
2009/07 アカヒレ幼魚2匹死。
2009/08 ヤゴ全滅。
2009/09 アカヒレ幼魚2匹死。
2009/10 アカヒレ1匹死。
2009/11 レッドチェリーシュリンプ2匹購入。「アルファ」「ベータ(抱卵)」と命名。
2009/11 レッドチェリーシュリンプ稚エビ11匹誕生。1匹死。
2009/12 レッドチェリーシュリンプ稚エビ2匹死。
2010/02 アカヒレ1匹飛び出し死。レッドチェリーシュリンプ稚エビ2匹死。
2010/03 レッドチェリーシュリンプ稚エビ1匹行方不明(死)。
2010/05 レッドチェリーシュリンプ稚エビ1匹死。抱卵稚エビ1匹死。(3匹残り)
2010/05 レッドチェリーシュリンプ稚エビ続々誕生。
2010/06 アカヒレ1匹病死。
2010/07 レッドチェリーシュリンプの「ベータ」死。
2010/08 レッドチェリーシュリンプの「アルファ」死。
2010/11 コリドラスコンコロール購入。「タナカ」と命名。
2011/09 石巻貝の「アオ」死。
2012/02 アカヒレのスミオ死。
2012/03 ベネズエラオレンジのラニ、サザエ石巻貝のキイロ購入。
2013/08 どじょうのボタン死。
2014/04 現在のメンバー、どじょう「モツ」、コンコロ「タナカ」、ベネオレ「ラニ」、サザエ石巻貝「キイロ」、
赤ヒレ6匹レッチェリ20匹以上。



【第1水槽】(2008.5.17~)
コトブキDebutホワイトセット/36cm(360×220×315)約22L
(呼び名:「大水槽」)
■アカヒレ成魚5匹、どじょう1匹、コリドラスコンコロール1匹、ベネズエラオレンジ1匹、レッドチェリーシュリンプ3匹、サザエ石巻貝1匹
■上部フィルター(ウールマット、スポンジ、ブラックホール、EHEIMサブストラットプロレギュラー)
■10w1灯、8wクリップライト
■珪砂(3~7cm)
■ミクロソリウムウェンディロブ、アヌビアスナナ
■流木
■基本週1回1/3水換え、月1回ガラガラ洗い

【第2水槽】(2008.7.26~)
テトラRG-20HL/22cm(220×220×260)約9L
(呼び名:「小水槽」)
■アカヒレ1匹、レッドチェリーシュリンプ20匹位
■外掛けフィルターテトラAT-20(ウールマット、ブラックホール、スポンジ、SUDO濾過バクテリア繁殖用濾材リングタイプ)、底面フィルターNissoバイオフィルターミニ
■13wクリップライト
■AFJapan礫Sサイズ(3cm-10cm)
■ミクロソリウムウェンディロブ、アヌビアスナナ、ジャイアント南米ウィローモス、マツモ
■アクセサリなし
■基本週1回1/2水換え

【第3水槽】(2010.6.7~)
ニトリグラスベース/16cm(160×160×390)約7L
(呼び名:「花瓶水槽」)
■生体なし
■投げ込み式フィルター水作Mを底床の中に
■照明なし
■AFJapan礫Sサイズ(10cm)
■水草なし
■アクセサリなし
■基本週1回1/3水換え

【ボトルアクア】(2011.11.8~)
セリアプラスチックケース/9cm(90×90×70)約560ML
■生体なし
■フィルターなし
■13wスタンドライト
■水草一番サンド
■ミクロソリウムウェンディロブ、アヌビアスナナ
■深山石粒サイズ
■基本週1回1/2水換え

<<データ:2014/4/6改>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

mie

Author:mie
2008年5月に初めて水槽を買いました。
喰いしんぼのどじょうとアカヒレを飼っています。

カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
最近の記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
リンク
RSSフィード
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。