スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イトミミズの食器

小さくちぎった乾燥イトミミズに2滴飼育水を垂らして、

少しふやけかけたものを指で網のへりの部分の裏側に押しつけます。

モツはイトミミズが好物のようで上手に食べ始めました。

09dojou054

この網にはテグスと釣り用の錘が付けてあり

水槽のふちに引っ掛けておいて簡単に引き上げることができるので便利です。

と、作った私、自己満足。

09dougu061

以前コリドラスステルバイのミカンのために作ったのですが1、2度しか使えませんでした。

今度はモツとボタンのために何度も使えるといいな。
スポンサーサイト

貧血

09dojou055
ボタン、ふら~っと後ろに倒れる寸前。

貧血じゃなくて、餌を食べていてたまたま立ってしまった。

で、バランス崩して後ろに倒れた、と。

倒立するものあり立つものあり。

どじょう達、見ていて飽きません。

立ち寝

夜、バックライトを点けて見ると底床の上にいるはずのモツの姿が見えません。

すると水槽の一番奥の流木の陰に見慣れないこんな形の物が。
09dojou051

水槽の横から見てみると…。
09dojou052

えー!なんでこんな恰好で寝てるの?

逆立ち寝!?

あ、起きた。
09dojou053

横取り

モツに与えた沈むタイプの餌を横取りしてアップアップしているアカヒレ。

一口で食べるには、でかすぎるだろう。

09akahire069

放しては水中キャッチ、を繰り返している内に少し小さくなったようでごっくんと一飲み。

おなかの中で膨張しないかな。

大丈夫かな。どきどき。

来客

「ポーポ、ポッポポー」と歌うキジバト。

綺麗で、ペアで散歩する姿は微笑ましく、私が好きな野鳥です。

近所でよく見かけていましたが本日は我が家にいらっしゃいました。

レースカーテン越しに影が見えこっそり見ていたら、ベランダにおりた!

こんなこと初めて

とことことこと歩いて、小さな水鉢にちょんと乗った!

09zakki040

と思ったら、水飲んだ。。。

大丈夫かな。


今は亡きヤゴ(水槽のヤゴを数匹分けて入れていたが水槽のヤゴは死に、

水鉢もヤゴは見当たらなくなってしまっていた)がいた時から足し水だけで

相当とろみのついた水になっていると思うけど。

そんな心配をよそに、水鉢の水をごっくんと三口飲み、

物干し竿に止まって休憩してから華麗に飛んで行った。


ヤゴもいなくなったことだし水鉢リセット掃除してみるか。

ほったらかしていた水鉢を何とかしなきゃと思ったのはこのキジバトちゃんのおかげです。

また来てね。

水切り

ぴゅーん
ぴゅーん

とすごいスピードで泳いでいるのです。

09dojou048

09dojou050

ひげが後ろになびいてるでしょ。

飼い主。新カメラの勉強に頑張り、
モツの動きに合わせるのに頑張り、
必死で撮った写真なのに、まるで静止画。

兎夢さんからのコメント頂いて嬉しくて頑張りました。

ホワイトボケしたらちょっといい感じ♪
だけど、肝心のひげがよく見えないよん~。

09dojou049

まだまだ勉強が必要のようです。

40枚中の3枚でした。

測らせて

連休中、富士サファリパークに行き赤ちゃんライオンを抱っこして写真を撮ってきました。

朝一で行き整理券販売機にダッシュしたのですが、

既にその日4回ある撮影時間の最後の回の整理券しか残ってなくて

あと10分遅かったらやばかった。9時に着いて撮影開始時間は15時の回。

結局7時間もサファリパーク内にいることに。1時間、車内で昼寝しましたが。

それでも念願だったので超超ハッピー

そして赤ちゃんライオンは超超ラブリー

生まれ変わったらプリンセス天功になりたいと思いました。…嘘です。
(彼女は確かトラもライオンも飼ってるんですよね~。すげーな。)


と、うちにもラブリーなやつらはいたんですよね。

水換え中、モツにサテライトに行ってもらい身体測定。

5月に2匹を田んぼからすくってきて4ヶ月なのです。

なかなかサテライトのむこう端に行ってくれないので餌で釣ってみました。
(物差しはサテライトと水槽の間に引っ掛けてある。)

が、餌に夢中。
09dojou057

おーい、二人並んでくださ~い!
09dojou056

そう並ぶんじゃなくて。。。

一人ずつよ。

ボタン:最初9mm→2ヶ月23mm→3ヶ月30mm→4ヶ月38mm
09dojou058

モツ:最初16mm→2ヶ月32mm→3ヶ月52mm→4ヶ月60mm
09dojou059

2匹とも1ヶ月間で8mm成長してますね。

ボタンもそろそろ大水槽に戻してもいい頃かな。





そうそう、ライオンの赤ちゃん写真は










09zakki041



赤ちゃんライオン(♀)が微笑んでるように見えますがただ睡魔と闘っているだけのよう。

寝ちゃうので係員の方にやさしく起こされてから撮った写真です。



夏も終わり

夏の必需品ファンと、今年必要に迫られて購入した逆サーモを取り外しました。

逆サーモとは何ぞや?と

買う時には半分しかわからなかったこのマシーンの意味ですが、

夏の間たいそう活躍してくれました。

設定した29度以上になると自動的にファンが稼働する。

とてもとても便利でした。買ってよかった。


買った時と同じように箱にしまうのは非常に難しい。

一体どういう形で入ってたんだ。コンセントがおさまらないぞ。

09dougu060

なんとか無理やり突っ込んで来年までの長期休暇となります。

記念日

実は、水槽を買った時からきっちり「水槽家計簿」をつけています。

去年2008年の5月から年末までの約8ヶ月間で水槽に使った金額は約¥64,000。

そして今年2009年1月から現在までの約8ヶ月間で使った金額は約¥36,000。

正確には¥100,506です。(生物・用具だけではなく古本アクア雑誌8冊も含む金額。)

に、しても

自分で言うのもなんですが、小さく、質素で、庶民的な、このしょぼい水槽の

どこにこんなにお金を費やしたのかと!我が身に問いたい。

水槽買ってからちょうど16ヶ月で¥100,506。

10万円超え記念~\(^o^)/


実家に準備した水槽一式で約¥12,000かかっているので

正確には10万円ではないですが、

ここと、
09zenkei027


これで、
09dougu059
(衣装ケース2つに収まるアクア用品(と空箱)たち。あ、冷凍庫にもえさが数袋ある。

約¥88,000かー。インド5泊、タージマハル観に行けたなー。

。。。インド旅行よりも、発見と驚きと喜びがある、myアクアリウム。

そう思おう。

咲 松葉牡丹

夏の間、毎日カラフルな花を匂わせてくれていた松葉牡丹。

どじょうの小さい方の名前“ボタン”の由来でもある花。

太陽前
09zakki037

太陽後
09zakki038

白、生成り、黄、橙、煉瓦、紫、赤、と七色の花を咲かせてくれていた

5月に植えた、普通の植物より2倍ほども二酸化炭素を吸収するという

C4型光合成をすると言われている植物の松葉牡丹 (1) (2) 。

09zakki039

二酸化炭素たくさん吸収してくれたかな。

花の季節も終わりのようです。

血管

ひげの一本一本の中を通る血管が透けて見えています。

おまえ、すごいねぇ。

このほっそいひげで、えさの匂いもわかるんだもんね。

ねっ、モツたん!

09dojou046

09dojou047

……あくびされました。

ヒゲが上向いて、まるでトゲのよう。

こわいよ。

おかまいなし

ドジョウだろうがカラドジョウだろうがそんなことはお構いなしに

秋の夜 今日も立ち食い イトミミズ。

09dojou045

ひげ

以前8本あると書いた、うちのどじょうのひげですが、

このドアップ写真で見てみると8本以上ある気がしてきました。

09dojou044

口の下部に超短いひげがあるように見えませんか?

そうなると全部で10本、晴れて“ドジョウ”認定だー!と思っていたのですが、

よくよく調べてみると、“ドジョウ”じゃないのではないか。

モツのこのひげの長さは“カラドジョウ”という外来種によく似ています。

(「ドジョウ カラドジョウ」で検索すれば比較写真が載っているサイトが見られると思います。)

体色も肌の質感もカラドジョウそっくり。

もう少し大きくなってくれないことにははっきり確認できませんが。

やっぱり甘い

先っぽがふさふさである一番細くて長い枝に、今日もトライするアオ。

よし行け!

09ishimaki062

ありゃ、なんか右回転して下り始めました。

上にご飯があるんだよ~!

09ishimaki063

ダメか。

09ishimaki064

どうしても、詰めが甘い。

詰めが甘い

石巻貝のアオが今日は細い枝に登って行く。

最近、流木掃除がブームのようです。

09ishimaki059

数時間後見ると・・・

お、惜しい!

09ishimaki060

翌日、一番細く長い枝の先も、・・・惜しい!

09ishimaki061

設置完了

モツ型ロケット発射!

09dojou041





夜中見たら、ナナの中に刺さってました…。

カッチャク

竹炭にカッチャク(うー変換出てこない)…活着させようとしていたミクロソリウムの子株がありました。

09mizukusa048


ところが、約1ヶ月も経ったのに活着(単語登録した)、全くしてない!

輪ゴムを外したらほわほわ~んと皆ばらけちゃった。

ミクロソリウムって流木とかにくっつくんですよね。

1ヶ月じゃ足りないのでしょうか。

それとも小さい株は活着力が弱い?

09mizukusa054

もういいや、待てない私は水草のおもりで全部を一巻き、小水槽の流木の上に乗っけました。

乗っけただけ。活着しなくてよろしい。

水槽地帯

現在の水槽地帯です。

09zenkei025

久々の全景。

水槽二つで60cmの棚に収まる小世界。

黄緑シリコン

有りもので小水槽を形作りました。

09zenkei024

テトラ水槽のシリコン、汚れやすくないですか?

右奥に見える黄緑の縦棒状の物がシリコンなんですけれど

黒赤白黄緑とカビのようなものが中まで浸食していて爪でこすっても取れません。

実家にプレゼントしたテトラ水槽もシリコン部分がひどく汚れて

親に「この汚れ取れない!」と言われました。

大水槽(コトブキ)のシリコンはこんな風にはなってないんです。

メーカーによって材質が違うのか。

以前、うちの小水槽には消毒として熱湯を入れちゃったことがあるので

そのせいで特にひどいのかもしれませんが。

シャイボーイ

その時ちびたは…



09akahire067

左奥の底近く、水草の陰からじっとこちらを観察しておりました。

体は大きくなったのに(それでも兄弟たちに比べたらまだ小さい)

臆病なのには変わりなし。

稚魚

点滴式で水合わせして小水槽に行ってもらうアカヒレ稚魚10匹。

09akahire066

11匹の稚魚の内、成魚とあまり変わらないほど成長した1匹がいます。

ちびたと変わらないくらいです。

その子だけは大水槽在住。

09akahire068


同じ環境で育っているのにこんなに差がある。

よこっつら

小水槽掃除中デス。

滅多に見られない横からの大水槽の顔。

ちょっと変わった雰囲気で面白い。

09zenkei023

斜めからも撮ってみたり。

09zenkei026

小水槽の大掃除

ヤゴ登場から約3ヶ月間一度も底砂を掃除できなかった小水槽を綺麗にした。

みつけ辛いヤゴをつぶしちゃいそうだったからできなかった。


外掛け直結していた底面フィルター。

取り出すと、ホームセンターで買った透明ホースは真白く変色し硬化し、

外掛けのパイプとの繋ぎ目はスカスカになり、実際はろくに底面濾過できていなかったのでは。

09dougu056

再セットにあたり、濾過をどうするか考えた。直結はヤメ。

外掛けだけでもいいけれど底面フィルターのこの姿が好き。水を吐く口。

09dougu058


しかし底面フィルターのバイオフィルターミニ。

太・細の2本のパイプがスライドして長さ調節できるのだけど、

軽く触れただけで上部の細いパイプが下部の太いパイプの中にすっぽり落ちてしまうほど

太さの径が合ってない(不良品か?)、なので、太い方をライターで軽くあぶってほんの少し柔らかくして

ギュッとつかんで細く形を整えてフィットさせた。

ほんの少し力を入れてひっぱらないと動かない程度に。これが普通だと思われる。

こんなに簡単なら最初からやればよかった。

09dougu057

水槽はスポンジで洗い、飼育水で洗っただけの底砂・ろ材に、カルキ抜きした水をセット。

以前も書いた気がするけど(ずっと書きそう)、これもリセットと言うのだろうか。

器官

まだ脱走せずにボタンはサテライトの中にいます。

モツもボタンも脱走できたのは、サテライトの排水口にストッキングをかぶせていたからか。

ゴミがたまって水位が上がっていたからだったのかもしれません。

今は付属の排水スリットプレートだけ。


底砂がないおかげか、下4本のひげがやっと伸びてきた。

09dojou042

尾びれ。変わらず上むき。

09dojou043

あまり成長は見られず。

「水窓」データ

PROLOGUE
田んぼですくってきた体長1cmの稚魚はどじょうの赤ちゃんだった!二つの小さな水槽での、どじょうの幼魚「イヌ」(あだ名:モフ、呼び名:もったん)と、11匹のアカヒレ成魚と、その子である幼魚8匹の観察日記。


HISTORY
2008/05 水槽を買い、田んぼに生き物を探しに行きどじょうの稚魚7匹を連れ帰る。1匹生き残る。「イヌ」と命名。
2008/06 アカヒレ11匹購入&繁殖第一期(8匹)。
2008/10 コリドラス・ステルバイの「ミカン」購入。
2008/11 「イヌ」と「ミカン」死去。
2008/12 アカヒレ幼魚1匹死。
2008/12 アカヒレ繁殖第二期(32匹)。
2008/12 石巻貝2匹購入。「アオ」「ミドリ」と命名。
2009/04 アカヒレ幼魚1匹死。
2009/04 アカヒレ初代7匹を実家へ、稚魚32匹を友人へ。
2009/05 アカヒレ繁殖第三期(11匹)。
2009/05 田んぼからどじょうの稚魚2匹を連れ帰る。「モツ」「ボタン」と命名。
2009/06 石巻貝「ミドリ」死。
2009/06 ヤゴ登場。
2009/07 アカヒレ幼魚2匹死。
2009/08 ヤゴ全滅。
2009/09 アカヒレ幼魚2匹死。
2009/10 アカヒレ1匹死。
2009/11 レッドチェリーシュリンプ2匹購入。「アルファ」「ベータ(抱卵)」と命名。
2009/11 レッドチェリーシュリンプ稚エビ11匹誕生。1匹死。
2009/12 レッドチェリーシュリンプ稚エビ2匹死。
2010/02 アカヒレ1匹飛び出し死。レッドチェリーシュリンプ稚エビ2匹死。
2010/03 レッドチェリーシュリンプ稚エビ1匹行方不明(死)。
2010/05 レッドチェリーシュリンプ稚エビ1匹死。抱卵稚エビ1匹死。(3匹残り)
2010/05 レッドチェリーシュリンプ稚エビ続々誕生。
2010/06 アカヒレ1匹病死。
2010/07 レッドチェリーシュリンプの「ベータ」死。
2010/08 レッドチェリーシュリンプの「アルファ」死。
2010/11 コリドラスコンコロール購入。「タナカ」と命名。
2011/09 石巻貝の「アオ」死。
2012/02 アカヒレのスミオ死。
2012/03 ベネズエラオレンジのラニ、サザエ石巻貝のキイロ購入。
2013/08 どじょうのボタン死。
2014/04 現在のメンバー、どじょう「モツ」、コンコロ「タナカ」、ベネオレ「ラニ」、サザエ石巻貝「キイロ」、
赤ヒレ6匹レッチェリ20匹以上。



【第1水槽】(2008.5.17~)
コトブキDebutホワイトセット/36cm(360×220×315)約22L
(呼び名:「大水槽」)
■アカヒレ成魚5匹、どじょう1匹、コリドラスコンコロール1匹、ベネズエラオレンジ1匹、レッドチェリーシュリンプ3匹、サザエ石巻貝1匹
■上部フィルター(ウールマット、スポンジ、ブラックホール、EHEIMサブストラットプロレギュラー)
■10w1灯、8wクリップライト
■珪砂(3~7cm)
■ミクロソリウムウェンディロブ、アヌビアスナナ
■流木
■基本週1回1/3水換え、月1回ガラガラ洗い

【第2水槽】(2008.7.26~)
テトラRG-20HL/22cm(220×220×260)約9L
(呼び名:「小水槽」)
■アカヒレ1匹、レッドチェリーシュリンプ20匹位
■外掛けフィルターテトラAT-20(ウールマット、ブラックホール、スポンジ、SUDO濾過バクテリア繁殖用濾材リングタイプ)、底面フィルターNissoバイオフィルターミニ
■13wクリップライト
■AFJapan礫Sサイズ(3cm-10cm)
■ミクロソリウムウェンディロブ、アヌビアスナナ、ジャイアント南米ウィローモス、マツモ
■アクセサリなし
■基本週1回1/2水換え

【第3水槽】(2010.6.7~)
ニトリグラスベース/16cm(160×160×390)約7L
(呼び名:「花瓶水槽」)
■生体なし
■投げ込み式フィルター水作Mを底床の中に
■照明なし
■AFJapan礫Sサイズ(10cm)
■水草なし
■アクセサリなし
■基本週1回1/3水換え

【ボトルアクア】(2011.11.8~)
セリアプラスチックケース/9cm(90×90×70)約560ML
■生体なし
■フィルターなし
■13wスタンドライト
■水草一番サンド
■ミクロソリウムウェンディロブ、アヌビアスナナ
■深山石粒サイズ
■基本週1回1/2水換え

<<データ:2014/4/6改>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

mie

Author:mie
2008年5月に初めて水槽を買いました。
喰いしんぼのどじょうとアカヒレを飼っています。

カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
最近の記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
リンク
RSSフィード
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。