スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すっぽり

小水槽の底面濾過の排水音があまりにうるさいので

どこか壊れたかと思いエアーポンプを最大にしたり最小にしたりあれこれいじっていて、

よく見たらアオが詰まっていただけだった。

何ヶ月かおきに全く同じことを繰り返しているような気がする。

<音の異常に驚き、あれこれ原因を探った後アオの存在に気付く。>

何ヶ月かに1度ってことは、小水槽にいるアオが排水口に入り込むという行為はけっこう稀なこと。

お腹すいてるのかなぁ。ブロッコリーの回数増やさないといけないかな。

10kai028

あまりの水量の変化に驚いたのか、慌てて出てきたアオ。

10kai029

それ以上行くと水上ですよ。
スポンサーサイト

砂を挟む

砂を頭に乗せたモツです。

どじょうって体の周りがまんまるじゃないんですよ。背中が平らになっているんです。

だから砂粒も乗りやすい。って、うちのモツだけの仕様だったりして…。

10dojou161

いつ見てもかわいいねぇ。と、眺めていたところ、異変に気付きました。

唇どうしたの?すっごい腫れてない?

うわー!どどどどうしよう~!



何が起きたのかよくよく見てみたら、

10dojou162

ひげの間に大きな砂粒が挟まってるだけじゃないですか!

砂粒の色がモツの色と一緒だからぱっと見わからなかったよ。

はああ~、びっくりしたー。

モツ、邪魔じゃないの?

マツモ様

スクエアシェルターを取り出して

10zenkei011

2日間桶に入れておいたマツモ様を入れました。

桶入りさせておく時、マツモはちゃんとカルキ抜きした水に入れないと弱ってぼろぼろと葉が取れてしまいます。

強いくせに繊細な水草。

10zenkei012

水換えして1週間でガラス面がふさふさの糸状藻に覆われてしまうのを少しでも軽減できることを願って。

葉みがき

1匹しかいない石巻貝のアオは小水槽と大水槽で餌の多い方、つまりコケが多い方へ行ったり来たりさせています。

コケと言っても緑色のコケはあまり好みではないようで、一番好きなのは茶色の柔らかいコケ。

植物的なのじゃなくて、もっと原始的なやつ。(?)

好みの餌を求めて水槽ガラス面だけじゃなくあらゆる場所をきれいにしてくれる偉い子です。

だからもちろん水草の葉もきれいに磨いてくれます。

アヌビアスの葉の右上1/4がピカピカ!

10kai025

ミクロソリウムの葉も磨いてくれます。

が、磨き辛そう。

10kai026

おっとっと!

葉の先端に必死でしがみついています。

10kai027

この柔らかい葉を掃除するのは大変だったかな。

またブロッコリー茹でなきゃね。

四角の中と下

モツがスクエアシェルターの中に首を突っ込んでいました。

これなら別に構わないのですが

10dojou159

今度はスクエアシェルターの下に潜っています。

(手前に尾ひれが少し見えるだけで体はシェルターの下。)

10dojou160

砂の中には時々潜っていますが、シェルターの下に潜ったのは初めて。

この重いシェルターの下って結構危険じゃないですか。

ヒヤヒヤしました。

出られないってことはないと思いますが、出る時にもがいて体を傷つけやしないか心配です。

シェルター取り出した方がいいかも、と考え中であります。

黒いトコ好き

月一度のガラガラ水換え中の臨時水槽です。

こちらが大水槽の面々。

どじょう2匹とアカヒレ14匹とレッドチェリーシュリンプ♀20匹と石巻貝1匹。

10rcs109

なぜか石巻貝のアオが大人気!

貝殻にそんなにおいしい餌がくっついているのか?

と思ったのですが、これ、隠れてるつもりなんですね。

10rcs110

普段は色薄のレッドチェリーシュリンプたちが

アオの濃い色に合わせて赤濃く発色しています。

水草も何も無い水槽で唯一の隠れ場所がアオの背中だったのでしょう。

賢い!の、かな。。。?丸見えだけど。

どじょとえびの共存

どじょうの餌をこっそり頂いたり

10dojou156

エビの餌をちゃっかり頂いたり。

10dojou157

アップにしてみたら

10dojou158

モツってばこんな顔。笑



アカヒレとどじょうの餌は昼ライトが点いた時に、

エビの餌は夜ライトが消え深夜になってから網袋に入れて与えています。

餌が入っている網袋を水槽にぶら下げるとアカヒレもどじょうも反応してちょっかいは出しますが

大きな餌が網の中に入っているため奪い取ることはできません。

我ながらいいアイディアだと安心しきっていたのですが

夜中、水槽カバーを取って見てみるとどじょうのモツがアヌビアスに乗っかって

ちゃっかり網袋をはぐはぐしているではありませんか。

やるな~おぬし。

網袋の上からじゃたいして食べられないと思うけれど、エビの邪魔はしてほしくないんですけど。

取りつ取られつ、お互い様か…。

巨大ブロッコリー

ブロッコリーの茎の真ん中部分をドーンと切って茹でて与えました。

水槽の横から撮影。

水温計で押さえて壁に固定したところ、なぜガラス側にまわって食べるのだ。

狭いし食べ辛いだろうに。

10kai021

翌朝見ると、ブロッコリーごと落っこちたようで食らいついたままひっくり返っていました。

それにちょっかいを出すどじょうたち。

10kai022

広い所に移してみるとこんなに食べてる!

一番右の穴は最初から開いていたのですが、それ以外の穴は全部アオが食べました。

向こう側が透ける位深くまで食べています。

10kai023

このまま裏にまわろうとしてこんな芸当まで見せてくれましたよ。

ブロッコリー持ちあげちゃった。

10kai024

力持ちだね、アオ~

プリズム

これな~んだ?

10dojou154





正解は、モツの腹びれ、です。

キラキラ輝いています☆

10dojou155

背びれも尾ひれも光らないのに。

不思議~。と思いながら毎日眺めています。

白い体

レッドチェリーシュリンプの大群の中に数匹、体が白いエビがいます。

体全体じゃなくて、お腹の中、つまり食べられるエビなら“身”の部分。

10rcs107

この写真では後ろのエビがそう。

10rcs108

普通のエビと様子は変わらないのですが、病気なんじゃないかと少し心配です。

エビって茹でるとこんな風に白くなりますよね。

もしかして夏の暑さで茹だっちゃったとか・・・?

5時50分

数日前「ナナメって」で写真をアップしましたが、今日はそれ以上のナナメっぷり。

10dojou153

時計で言ったら5時50分の位置です。

これ同じ場所で、ちゃんと壁に寄りかかってるんだなー。

昼なのにこの余裕(油断)。

チェリーの食べる物

スピナッチタブとスピルリナの餌を交互に与えているレッドチェリーシュリンプですが、

どじょうの為に下に沈めようとした餌が目測誤ってアヌビアスの上に落ちた時、

テトラミンを食べるエビin大水槽。

10rcs102

スピルリナ餌を入れる時、たまたま指にくっついていて偶然アヌビアスの上に落ちた一片のテトラミンも

逃さず食べるチビエビin小水槽。

10rcs103

入れてみたコリドラスの餌をもツマるエビたち。

10rcs104

どじょうにおやつで与えている川魚の餌を3匹並んでつまみ上げるエビたち。

10rcs105

そのうちの2匹をズームアップ。

砂粒より小さな餌粒を一粒ずつ持っています。

10rcs106

植物寄りの餌しか食べないかと思っていたけどそんなことはないんだね。

せいくらべ

手前のボタンと奥のモツ。

同じ田んぼで同じ日にすくってきたのにこんなに体長差があります。

10dojou152

ボタンは生まれつきの奇形で、口が閉じず餌を吸い込むのが苦手です。

でもモツより髭センサーは敏感で、餌を落とすと真っ先に反応します。

ゴマ粒半分ほどの小さな一粒の餌を吸っては出し(というか出てしまう)、吸っては出しを繰り返し、

徐々に小さくなった粒をやっと飲み込んでいます。

(その長~い作業中、餌に気付いた掃除機モツにほとんどの餌を吸い込まれてしまう。)

なかなか大きくなれませんが、

一昨年すくってきて半年しか生きられなかった奇形のイヌ(という名のどじょう)に比べたら

症状は軽い方なのです。

若葉

10mizukusa022

10mizukusa023

10mizukusa024

アヌビアスバルテリーが新しい葉を開きました。

葉が伸びて来て完全に開くまで、数日間のわくわく。本当に美しい。

葉が開いても先輩葉の様に色濃くたくましくなるまで更に数日を要します。

11枚で我が家に来たバルテリーの葉も今や15枚。

だいたい月に2枚葉が増えているってこと?

15日で1枚の葉が大人になる。

こんな環境でもちゃんと育ってくれるバルテリー。

ありがたい水草です。

ナナメって

暗いのでピンボケですが、

夜、水槽の奥でモツがナナメっていました。

10dojou150

こんな格好で寝ちゃってる~、と見ていたら

瞬き&大あくび!

10dojou151

お、起きてましたか?

これ、水槽の壁が無かったら完全に横たわってる位の角度だぞ。

横になって眠る姿を見てみたい、けど、

横になって寝てしまったら、どじょうとしてどうしたもんかとも思う。

ガラガラ洗いの後

小水槽のガラガラ洗いから5日。

調べてみると硝酸塩の値は20mg位に減りました。

デンジャーゾーンからの脱出。良かった~!

10suishitsu010

このまま維持、は無理ですから、

いくら面倒でも時々は測定して硝酸塩の排出をしなければと肝に命じました。

10rcs101

今は亡きベータに初めて与えた時を思い出させるスピルリナ餌持ち姿

元気に大きくなってね。

「水窓」データ

PROLOGUE
田んぼですくってきた体長1cmの稚魚はどじょうの赤ちゃんだった!二つの小さな水槽での、どじょうの幼魚「イヌ」(あだ名:モフ、呼び名:もったん)と、11匹のアカヒレ成魚と、その子である幼魚8匹の観察日記。


HISTORY
2008/05 水槽を買い、田んぼに生き物を探しに行きどじょうの稚魚7匹を連れ帰る。1匹生き残る。「イヌ」と命名。
2008/06 アカヒレ11匹購入&繁殖第一期(8匹)。
2008/10 コリドラス・ステルバイの「ミカン」購入。
2008/11 「イヌ」と「ミカン」死去。
2008/12 アカヒレ幼魚1匹死。
2008/12 アカヒレ繁殖第二期(32匹)。
2008/12 石巻貝2匹購入。「アオ」「ミドリ」と命名。
2009/04 アカヒレ幼魚1匹死。
2009/04 アカヒレ初代7匹を実家へ、稚魚32匹を友人へ。
2009/05 アカヒレ繁殖第三期(11匹)。
2009/05 田んぼからどじょうの稚魚2匹を連れ帰る。「モツ」「ボタン」と命名。
2009/06 石巻貝「ミドリ」死。
2009/06 ヤゴ登場。
2009/07 アカヒレ幼魚2匹死。
2009/08 ヤゴ全滅。
2009/09 アカヒレ幼魚2匹死。
2009/10 アカヒレ1匹死。
2009/11 レッドチェリーシュリンプ2匹購入。「アルファ」「ベータ(抱卵)」と命名。
2009/11 レッドチェリーシュリンプ稚エビ11匹誕生。1匹死。
2009/12 レッドチェリーシュリンプ稚エビ2匹死。
2010/02 アカヒレ1匹飛び出し死。レッドチェリーシュリンプ稚エビ2匹死。
2010/03 レッドチェリーシュリンプ稚エビ1匹行方不明(死)。
2010/05 レッドチェリーシュリンプ稚エビ1匹死。抱卵稚エビ1匹死。(3匹残り)
2010/05 レッドチェリーシュリンプ稚エビ続々誕生。
2010/06 アカヒレ1匹病死。
2010/07 レッドチェリーシュリンプの「ベータ」死。
2010/08 レッドチェリーシュリンプの「アルファ」死。
2010/11 コリドラスコンコロール購入。「タナカ」と命名。
2011/09 石巻貝の「アオ」死。
2012/02 アカヒレのスミオ死。
2012/03 ベネズエラオレンジのラニ、サザエ石巻貝のキイロ購入。
2013/08 どじょうのボタン死。
2014/04 現在のメンバー、どじょう「モツ」、コンコロ「タナカ」、ベネオレ「ラニ」、サザエ石巻貝「キイロ」、
赤ヒレ6匹レッチェリ20匹以上。



【第1水槽】(2008.5.17~)
コトブキDebutホワイトセット/36cm(360×220×315)約22L
(呼び名:「大水槽」)
■アカヒレ成魚5匹、どじょう1匹、コリドラスコンコロール1匹、ベネズエラオレンジ1匹、レッドチェリーシュリンプ3匹、サザエ石巻貝1匹
■上部フィルター(ウールマット、スポンジ、ブラックホール、EHEIMサブストラットプロレギュラー)
■10w1灯、8wクリップライト
■珪砂(3~7cm)
■ミクロソリウムウェンディロブ、アヌビアスナナ
■流木
■基本週1回1/3水換え、月1回ガラガラ洗い

【第2水槽】(2008.7.26~)
テトラRG-20HL/22cm(220×220×260)約9L
(呼び名:「小水槽」)
■アカヒレ1匹、レッドチェリーシュリンプ20匹位
■外掛けフィルターテトラAT-20(ウールマット、ブラックホール、スポンジ、SUDO濾過バクテリア繁殖用濾材リングタイプ)、底面フィルターNissoバイオフィルターミニ
■13wクリップライト
■AFJapan礫Sサイズ(3cm-10cm)
■ミクロソリウムウェンディロブ、アヌビアスナナ、ジャイアント南米ウィローモス、マツモ
■アクセサリなし
■基本週1回1/2水換え

【第3水槽】(2010.6.7~)
ニトリグラスベース/16cm(160×160×390)約7L
(呼び名:「花瓶水槽」)
■生体なし
■投げ込み式フィルター水作Mを底床の中に
■照明なし
■AFJapan礫Sサイズ(10cm)
■水草なし
■アクセサリなし
■基本週1回1/3水換え

【ボトルアクア】(2011.11.8~)
セリアプラスチックケース/9cm(90×90×70)約560ML
■生体なし
■フィルターなし
■13wスタンドライト
■水草一番サンド
■ミクロソリウムウェンディロブ、アヌビアスナナ
■深山石粒サイズ
■基本週1回1/2水換え

<<データ:2014/4/6改>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

mie

Author:mie
2008年5月に初めて水槽を買いました。
喰いしんぼのどじょうとアカヒレを飼っています。

カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
最近の記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
リンク
RSSフィード
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。