スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のんき

クリスマスカード、間に合った~。

年賀状、間に合った~。

大掃除、…ナニソレ?

などと飼い主が忙しくしている時も、モツはのんきにしています。

10dojou183

背中にエビ乗せて。
スポンサーサイト

水心の蓋その後

花瓶水槽につながっているエアポンプ「水心」。

フェルトで裏の蓋をしたのは8月のこと。

あれから4ヶ月。

10kigu038

少し汚れています。一応役目は果たしているようです。

正規の白い蓋より汚れも目立たずいい感じ(?)。

第三水槽

実は、花瓶に水を入れた第三の水槽があります。

増えたレッドチェリーシュリンプを入れるために用意し

バクテリアを湧かすため数匹のアカヒレを入れていた時もあるのですが

今は生体はおらず増えたマツモの保管場所。

エビの足場に極細竹炭まで買ったのに

10zenkei015

照明無しで、光は朝の数時間の日光のみ。

10zenkei016

数時間だけでも太陽の力はすごい。

10mizukusa034

頭頂部がピンク色で大水槽のマツモよりも生き生きしています。

そしてどんどん成長しています。

その内、生体入れる隙間がなくなっちゃいそう。

クリーンベビーブラインシュリンプ

3つ前の記事で、間違えて「クリーンブラインシュリンプ」を買ってしまったのが

なんかちょっと悔しかったので買いました。

「クリーンベビーブラインシュリンプ」

10kigu036

これです、これこれ!

家で孵化させたのよりは味も栄養も劣るかもしれませんが

この小さな粒々ブラインがボタンは大好きなんだよね~。

10kigu037

投入~。

どよめくアカヒレ達。

あまりの量にどれから食べていいのかわからないようです。

食べても食べても無くならないし、労力に対しあまりにも一粒が小さい。

10akahire043

これは、雪?

10dojou179

違いますよ~。残さず食べてくださいね~。



アクアボックスではなく大水槽に入れる場合は、

この赤ちゃんブラインシュリンプでは効率が悪過ぎました。

間違えたと思っていた「クリーンブラインシュリンプ」が正解!だったのです。

沈むし、どっしり食べごたえもある。

アヌビアスカット

アヌビアスバルテリーの葉が増えて上の方からも根が出て来たのでカットしてみます。

これでいいのか。

10mizukusa032

カットした上部の株は新葉が出る茎がある部分ですからうまく行けばこれからも葉は増えるでしょうが

下部の残った株から新葉が出て来ることはあるのでしょうか。

10mizukusa032

どっちの株も成長してほしいと期待を持ちつつ、上部の株を水草のおもりで沈めました。

10zenkei014

今年最後の全景写真。

2匹のどじょうもかろうじて写ってる。

ちくちく

マツモの上で休むボタン。

ちくちくしませんか?

10dojou177

アヌビアスの上で休むモツ。

つるつるしませんか?

10dojou178

クリーンブラインシュリンプ

初めて買ってみました。冷凍餌。

お店で冷凍庫を開けてレジに持って行った時、一つ大人の階段を上った気分になりました。(何故だろう?)

2年位前に買ったブラインシュリンプの卵の孵化率ががぜん悪くなってしまったので、

もう、いちいち湧かさないで楽しちゃえーと思っちゃったんですよね。

10kigu033

これで、どじょうもアカヒレも大騒ぎ~の粒々ブラインが、解凍するだけで手に入ります。

プチっと取り出し、茶こしに入れておいて約10分。

そろそろとけたかな?と水で洗ってみると、げっ、目がある。

10kigu034

私が想像していた生まれたての粒々ブラインじゃありません。

これは昔飼ったことのある大人のシーモンキーじゃないですか!

私が買わなきゃいけなかったのは「クリーン“ベビー”ブラインシュリンプ」でした。間違えた~

10kigu035

しかし入れた途端、水中で飛びついてまで奪い合うどじょう達。

10dojou176

食べるかな、なんて心配は無用でした。

丸見え

しゃちほこモツ。

アヌビアスバルテリーの根の中に顔を突っ込んで餌探ししています。

10dojou175

正面から見たら、丸見え

10dojou174

モザイクかけましょうか。

10dojou184

そういえば、モツは男の子女の子どっちなんだろう。

食酢でコケ取り

小水槽でコケにまみれたホウオウゴケ。コケonコケ。ふさふさ。

レッドチェリーシュリンプの手には負えません。

10mizukusa026

取り出して見てみると根元から新芽。できれば新芽はコケから守りたい。

10mizukusa027

今までアヌビアスに使っていた食酢を水で薄めた物(何倍に薄めたか忘れちゃった)を吹きかけてみます。

10mizukusa028

二つにまとめていた物をばらばらにして一枚ずつ両面に吹きかけ、指でこすります。

その後丁寧にこすりながら流水で洗い流しました。

10mizukusa029

一つにまとめ大水槽へ。

大水槽にいるエビの方がメスで体も大きいので、その食欲に期待して。

早速集まって来ました。ほんっと、エビって好奇心旺盛~。

10mizukusa030

洗っている最中誤ってぽろっと取れてしまった新芽は別の小さな入れ物に入れておきました。

これで育つでしょうか。実験。

10mizukusa031

そうそう、食酢の威力ですが、

ただ指でこするよりはコケは目立たなくなるのですが、長いのが短くなっただけのようで、

根元が残っているのであんまり意味が無いような気もします。

何倍に薄めたか忘れてしまったので役に立ちませんね。

エビ達の手でも駄目だったら今度は食酢をそのまま塗ってみます。

気を付け

土管の上でピシッと気を付け状態のモツ。

10dojou172

きちっと胸ビレ閉じちゃってどうしたの?

10dojou173

掌水平にしてひゅるるるるーと走り去って行く、はっぱ隊を思い出しちゃった。

白い虫また発生

小水槽のガラス面にまた発生した白い虫。

アカヒレがいれば全部食べてくれるのでしょうけど

放っておいても翌日には見えなくなっているのであまりに気にはしていません。

10suishitsu013

ただ、現れる原因が何なのかわからないんですよね。

もしかして水質悪化?硝酸塩たまってる?と思い、調べても値は0(ゼロ)。

10suishitsu014

おまえら、どうして顔出すの?イイヒトワルイヒトどっち?

続きを読む

バロメータ

モツが踏ん張り中の様子。

ふ、太くね?

10dojou170


翌朝。。。

迫力あり過ぎなので小さな写真で…。

浮いてます。

10dojou171

スポイトで取って捨てようと思ったら…ぎゃ~!なにすんの~!?

餌と間違い、つっついた貪欲アカヒレ一匹。「あっ!」と言う間も無く、分解拡散。

水槽中に散らばっちゃいました汚物が。意外と脆い。

底で起きた出来事ならそれほどでもないのですが、水面から水中を四方八方に流れて行く光景はそれはそれはショッキングで。

今後は浮かばないようなブツをして頂きたい。

エビの下の

夜中、予備ライトをオンしての

大水槽でのレッドチェリーシュリンプ達の食事風景です。

餌袋のこっち側にもあっち側にもエビびっしり!

10rcs131

そして、その下にはおこぼれを狙うアカヒレ達が。

そしてその更に下には、どじょう達がスタンバイしています。

エビに削られた細かい餌ががんがん下に落ちるので、アカヒレもどじょうもウハウハなのです。

これじゃ一日二回餌を与えてるのと一緒。モツが太るわけです。

エビ達にはなるべくこぼさず食べて欲しい、と願っても、土台無理な話ですが。

水鏡の盾

夏は泡が残ったり、油膜が張ったりしがちな水槽水ですが、

冬になると澄んできれいに見えます。

水流で現れる水紋が、ドロドロに溶けた金属のようです。

例えがへたくそですが、なんと言うか“キレキレ”って感じです。

10suishitsu012

フィルターを止めると、まるで鏡のよう。

10suishitsu011

水温が低いからなのでしょう。

今年も我が家の水槽はノンヒーターでまいります。

「水窓」データ

PROLOGUE
田んぼですくってきた体長1cmの稚魚はどじょうの赤ちゃんだった!二つの小さな水槽での、どじょうの幼魚「イヌ」(あだ名:モフ、呼び名:もったん)と、11匹のアカヒレ成魚と、その子である幼魚8匹の観察日記。


HISTORY
2008/05 水槽を買い、田んぼに生き物を探しに行きどじょうの稚魚7匹を連れ帰る。1匹生き残る。「イヌ」と命名。
2008/06 アカヒレ11匹購入&繁殖第一期(8匹)。
2008/10 コリドラス・ステルバイの「ミカン」購入。
2008/11 「イヌ」と「ミカン」死去。
2008/12 アカヒレ幼魚1匹死。
2008/12 アカヒレ繁殖第二期(32匹)。
2008/12 石巻貝2匹購入。「アオ」「ミドリ」と命名。
2009/04 アカヒレ幼魚1匹死。
2009/04 アカヒレ初代7匹を実家へ、稚魚32匹を友人へ。
2009/05 アカヒレ繁殖第三期(11匹)。
2009/05 田んぼからどじょうの稚魚2匹を連れ帰る。「モツ」「ボタン」と命名。
2009/06 石巻貝「ミドリ」死。
2009/06 ヤゴ登場。
2009/07 アカヒレ幼魚2匹死。
2009/08 ヤゴ全滅。
2009/09 アカヒレ幼魚2匹死。
2009/10 アカヒレ1匹死。
2009/11 レッドチェリーシュリンプ2匹購入。「アルファ」「ベータ(抱卵)」と命名。
2009/11 レッドチェリーシュリンプ稚エビ11匹誕生。1匹死。
2009/12 レッドチェリーシュリンプ稚エビ2匹死。
2010/02 アカヒレ1匹飛び出し死。レッドチェリーシュリンプ稚エビ2匹死。
2010/03 レッドチェリーシュリンプ稚エビ1匹行方不明(死)。
2010/05 レッドチェリーシュリンプ稚エビ1匹死。抱卵稚エビ1匹死。(3匹残り)
2010/05 レッドチェリーシュリンプ稚エビ続々誕生。
2010/06 アカヒレ1匹病死。
2010/07 レッドチェリーシュリンプの「ベータ」死。
2010/08 レッドチェリーシュリンプの「アルファ」死。
2010/11 コリドラスコンコロール購入。「タナカ」と命名。
2011/09 石巻貝の「アオ」死。
2012/02 アカヒレのスミオ死。
2012/03 ベネズエラオレンジのラニ、サザエ石巻貝のキイロ購入。
2013/08 どじょうのボタン死。
2014/04 現在のメンバー、どじょう「モツ」、コンコロ「タナカ」、ベネオレ「ラニ」、サザエ石巻貝「キイロ」、
赤ヒレ6匹レッチェリ20匹以上。



【第1水槽】(2008.5.17~)
コトブキDebutホワイトセット/36cm(360×220×315)約22L
(呼び名:「大水槽」)
■アカヒレ成魚5匹、どじょう1匹、コリドラスコンコロール1匹、ベネズエラオレンジ1匹、レッドチェリーシュリンプ3匹、サザエ石巻貝1匹
■上部フィルター(ウールマット、スポンジ、ブラックホール、EHEIMサブストラットプロレギュラー)
■10w1灯、8wクリップライト
■珪砂(3~7cm)
■ミクロソリウムウェンディロブ、アヌビアスナナ
■流木
■基本週1回1/3水換え、月1回ガラガラ洗い

【第2水槽】(2008.7.26~)
テトラRG-20HL/22cm(220×220×260)約9L
(呼び名:「小水槽」)
■アカヒレ1匹、レッドチェリーシュリンプ20匹位
■外掛けフィルターテトラAT-20(ウールマット、ブラックホール、スポンジ、SUDO濾過バクテリア繁殖用濾材リングタイプ)、底面フィルターNissoバイオフィルターミニ
■13wクリップライト
■AFJapan礫Sサイズ(3cm-10cm)
■ミクロソリウムウェンディロブ、アヌビアスナナ、ジャイアント南米ウィローモス、マツモ
■アクセサリなし
■基本週1回1/2水換え

【第3水槽】(2010.6.7~)
ニトリグラスベース/16cm(160×160×390)約7L
(呼び名:「花瓶水槽」)
■生体なし
■投げ込み式フィルター水作Mを底床の中に
■照明なし
■AFJapan礫Sサイズ(10cm)
■水草なし
■アクセサリなし
■基本週1回1/3水換え

【ボトルアクア】(2011.11.8~)
セリアプラスチックケース/9cm(90×90×70)約560ML
■生体なし
■フィルターなし
■13wスタンドライト
■水草一番サンド
■ミクロソリウムウェンディロブ、アヌビアスナナ
■深山石粒サイズ
■基本週1回1/2水換え

<<データ:2014/4/6改>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

mie

Author:mie
2008年5月に初めて水槽を買いました。
喰いしんぼのどじょうとアカヒレを飼っています。

カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
最近の記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
リンク
RSSフィード
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。