スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立ち食い

おもり入りの網で与えているレッドチェリーシュリンプ用の餌を盗み食い。

尾ひれを必死に動かして水中にとどまっています。

11dojou024

浮き袋を持たないどじょうにとっては結構苦しい体勢なのでしょうけど

何と言ってもおいしい餌がここに!

貪欲な食欲がモツを駆り立てます。

11dojou025

約15秒間の立ち食いを数回、

餌の匂いが水中に溶け込んでしまい刺激が薄れると

貪欲モツも餌の存在を忘れ定位置の水底でだんまりしています。

盗み食いはしてほしくはないのですが、

狭い水槽で運動不足気味のモツにとってはこれもいい運動かも、と

前向きに考えることにしています。
スポンサーサイト

卵は抱いているのに

抱卵エビは慎重です。

なかなか顔を出してくれないので深夜補助ライト点灯のボケボケ写真にて。

卵持ちのレッドチェリーシュリンプがちょくちょくいて

あのかわいい稚エビをもう一度見られるかも!という期待と、
これ以上増えたらどうしよう!という不安と、

両方持ち合わせた気持ちのまま生ぬるーく見守っていたのですが一向に孵っている気配がない!

いつの間にか抱卵エビがいなくなってしまう(大人エビの数は変わらないので卵だけなくなってしまう)のです。

11rcs008

いつの間にか脱卵しちゃったのかも?
魚達に腹をつつかれ卵だけ食べられちゃったのかも?
いや、稚エビを根こそぎ食べられた?

と、疑問だらけ。

11rcs009

オスメス分けて別水槽で飼っている(つもりな)ので、

もしかして無性卵ってことはあるのかな~?

オスが紛れ込んでいる=私の分別が甘い、可能性の方がはるかに高そうですが。

泡玉

エアストーンの上にある土管の上で。

11dojou023

あごに泡をくっつけて。

カバーのおかげ

花瓶水槽に移動させている石巻貝のアオです。

解り辛い写真ですが、水面から出て花瓶のふちを乗り越え、

花瓶カバーと花瓶の間(当然水無し)で体を引っ込めて動けなくなっていました。

11kai001

発見が早かったのでアオは無事。

水中に戻すとすぐに動き始めました。

見た目カッコ悪い水槽カバーですが、

この時ばかりはかぶせていて本当に良かったと思いました。

標本のような

見事にまっすぐ。

11dojou021

アヌビアスとガラス面に挟まれて落ち着いています。

11dojou022

こんな浮いた状態で不安じゃないんでしょうかこのヒトは。

お腹の下には

お!?タナカのお腹の下に何かがあるぞ。

11cory031

下にいるのはレッドチェリーシュリンプ!

乗られてる?つぶされちゃう?

11cory032

少しドキドキしながら見ていたら

ちょこちょこと這い出してきました。

11cory033

軽く乗ってただけみたい。

良かった~。

すくっと

モツが小さいころから得意だった

直立不動。

11dojou020

朝、水槽カバーを取って、この姿が一番最初に目に入ってくると、けっこう驚きます。

今日のあくび

わーーー!

11dojou019

地震

地震で被害にあわれた方に少しでも早く心の安らぎが来ることを願うとともに、
亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りします。



水槽ブログなので、水槽のことを書きます。

千葉の我が家は震度6弱でつかまらないと立っていられない程だったのですが、
3つの水槽は倒れることなく、それぞれ水が約3cm分、蓋の隙間から飛び出しただけでした。
下は絨毯で、水槽台の上では36cmのフチあり水槽のみ耐震対策済み。
オールガラス用の黒い大きなマットではなく四隅に水色のぷにぷにの耐震マットを敷いてました。
(22cmの小水槽と花瓶水槽は耐震対策無し。)
魚もエビも元気です。

青森の水槽持ちの友人とやっと電話が通じた時
全域停電でヒーターもフィルターも止まりいつ動くかわからない状態だと言っていました。
ほぼ丸一日後に停電は復旧したようなのですが、水槽の状態はまだ聞けていません。

今回の地震で愛魚を失った方もたくさんいらっしゃると思います。
とても悲しいことですが、どうか自分を責めないでほしいです。

今できることは、14日以降行う予定の「輪番停電」に対しての節電ではないかと思います。
不要な電気は点けないように。私も不要なコンセントを抜いて電気暖房控えます。

留まり上手

中途半端な場所でモツが飛行姿勢中。

アヌビアスバルテリーの上なのだけどどっしりと葉の上に乗っている訳ではなくて。

11dojou016

横から見てわかりました。

背びれを葉っぱに引っ掛けてる~!

11dojou017

よお~く見ると、モツの体重に負けて葉っぱが曲がってる(笑)。

11dojou018

これで背びれが意外と頑丈なんだとわかった次第です。

ぶたばな

お気に入りの場所で、いつもよりちょっと前に滑り過ぎちゃったみたい。

顔の先が水槽のガラス面にぶつかっています。

11dojou014

正面にまわりこんで見てみると、口がつぶれてまるで

11dojou015

豚鼻!


初めての赤虫2

大水槽に続いて小水槽にも赤虫を投入。

レッドチェリーシュリンプとコリドラスコンコロール

仲良く並んでお食事中です。

11cory030

端っこから器用に吸い込んで

11cory027

チュルッと。

11cory028

ちょっと出してちょっと吸ってはぐはぐを繰り返します。

どじょうと違ってコンコロはよーく噛みます。

噛むのは脳に良いって言うしね。飼い主も見習わないと(笑)

11cory029

タナカのお腹がこんなに膨らんだのを初めて見ました。

赤虫、買ってみて良かったなぁ。

初めての冷凍赤虫

とうとう手を出してしまいました。冷凍赤虫。

にょろにょろ系幼虫は苦手なのに。

11tool002

解凍してみてこの派手な色に、ぎょっとさせられましたが案外大丈夫。

なぜなら死んでいるから。

もしこれがにょろにょろと動きだしたらと思うと…卒倒するでしょう。多分。

11tool003

大水槽に入れてみると、どじょうはすぐに餌だと認識しましたが

11dojou030

アカヒレは餌だと思わず落ちて行く赤虫を見送ります。

11akahire003

しかしピンセットでつまんだまま水面を往復させたらすぐに食い付きました。

で、エラから出ちゃうほど食べ過ぎました。

11akahire004

エビも好物のようで

あっちでも

11rcs006

こっちでも

11rcs007

おいしそうにぱくついています。

(続く)

葉の上のモツ

網に入れて与えているレッドチェリーシュリンプの餌を盗み食いしているモツ。

11dojou012

アヌビアスバルテリーの葉の上がベストポジションだったようで得意げな顔。

11dojou013

「ごちそうさま♪」

じゃなくてー、盗み食いは控えて頂きたいのですが。

「水窓」データ

PROLOGUE
田んぼですくってきた体長1cmの稚魚はどじょうの赤ちゃんだった!二つの小さな水槽での、どじょうの幼魚「イヌ」(あだ名:モフ、呼び名:もったん)と、11匹のアカヒレ成魚と、その子である幼魚8匹の観察日記。


HISTORY
2008/05 水槽を買い、田んぼに生き物を探しに行きどじょうの稚魚7匹を連れ帰る。1匹生き残る。「イヌ」と命名。
2008/06 アカヒレ11匹購入&繁殖第一期(8匹)。
2008/10 コリドラス・ステルバイの「ミカン」購入。
2008/11 「イヌ」と「ミカン」死去。
2008/12 アカヒレ幼魚1匹死。
2008/12 アカヒレ繁殖第二期(32匹)。
2008/12 石巻貝2匹購入。「アオ」「ミドリ」と命名。
2009/04 アカヒレ幼魚1匹死。
2009/04 アカヒレ初代7匹を実家へ、稚魚32匹を友人へ。
2009/05 アカヒレ繁殖第三期(11匹)。
2009/05 田んぼからどじょうの稚魚2匹を連れ帰る。「モツ」「ボタン」と命名。
2009/06 石巻貝「ミドリ」死。
2009/06 ヤゴ登場。
2009/07 アカヒレ幼魚2匹死。
2009/08 ヤゴ全滅。
2009/09 アカヒレ幼魚2匹死。
2009/10 アカヒレ1匹死。
2009/11 レッドチェリーシュリンプ2匹購入。「アルファ」「ベータ(抱卵)」と命名。
2009/11 レッドチェリーシュリンプ稚エビ11匹誕生。1匹死。
2009/12 レッドチェリーシュリンプ稚エビ2匹死。
2010/02 アカヒレ1匹飛び出し死。レッドチェリーシュリンプ稚エビ2匹死。
2010/03 レッドチェリーシュリンプ稚エビ1匹行方不明(死)。
2010/05 レッドチェリーシュリンプ稚エビ1匹死。抱卵稚エビ1匹死。(3匹残り)
2010/05 レッドチェリーシュリンプ稚エビ続々誕生。
2010/06 アカヒレ1匹病死。
2010/07 レッドチェリーシュリンプの「ベータ」死。
2010/08 レッドチェリーシュリンプの「アルファ」死。
2010/11 コリドラスコンコロール購入。「タナカ」と命名。
2011/09 石巻貝の「アオ」死。
2012/02 アカヒレのスミオ死。
2012/03 ベネズエラオレンジのラニ、サザエ石巻貝のキイロ購入。
2013/08 どじょうのボタン死。
2014/04 現在のメンバー、どじょう「モツ」、コンコロ「タナカ」、ベネオレ「ラニ」、サザエ石巻貝「キイロ」、
赤ヒレ6匹レッチェリ20匹以上。



【第1水槽】(2008.5.17~)
コトブキDebutホワイトセット/36cm(360×220×315)約22L
(呼び名:「大水槽」)
■アカヒレ成魚5匹、どじょう1匹、コリドラスコンコロール1匹、ベネズエラオレンジ1匹、レッドチェリーシュリンプ3匹、サザエ石巻貝1匹
■上部フィルター(ウールマット、スポンジ、ブラックホール、EHEIMサブストラットプロレギュラー)
■10w1灯、8wクリップライト
■珪砂(3~7cm)
■ミクロソリウムウェンディロブ、アヌビアスナナ
■流木
■基本週1回1/3水換え、月1回ガラガラ洗い

【第2水槽】(2008.7.26~)
テトラRG-20HL/22cm(220×220×260)約9L
(呼び名:「小水槽」)
■アカヒレ1匹、レッドチェリーシュリンプ20匹位
■外掛けフィルターテトラAT-20(ウールマット、ブラックホール、スポンジ、SUDO濾過バクテリア繁殖用濾材リングタイプ)、底面フィルターNissoバイオフィルターミニ
■13wクリップライト
■AFJapan礫Sサイズ(3cm-10cm)
■ミクロソリウムウェンディロブ、アヌビアスナナ、ジャイアント南米ウィローモス、マツモ
■アクセサリなし
■基本週1回1/2水換え

【第3水槽】(2010.6.7~)
ニトリグラスベース/16cm(160×160×390)約7L
(呼び名:「花瓶水槽」)
■生体なし
■投げ込み式フィルター水作Mを底床の中に
■照明なし
■AFJapan礫Sサイズ(10cm)
■水草なし
■アクセサリなし
■基本週1回1/3水換え

【ボトルアクア】(2011.11.8~)
セリアプラスチックケース/9cm(90×90×70)約560ML
■生体なし
■フィルターなし
■13wスタンドライト
■水草一番サンド
■ミクロソリウムウェンディロブ、アヌビアスナナ
■深山石粒サイズ
■基本週1回1/2水換え

<<データ:2014/4/6改>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

mie

Author:mie
2008年5月に初めて水槽を買いました。
喰いしんぼのどじょうとアカヒレを飼っています。

カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
最近の記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
リンク
RSSフィード
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。