スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同居

長いこと小水槽で一人暮らししていた(エビは居るけど)

コリドラス・コンコロールのタナカに同居魚ができました。

その同居魚とは………、どじょうのボタン!

11cory042

大きな口で、ある餌全て食べ尽くす掃除機モツと一緒にいる限り、なかなか餌にありつけないボタン。

タナカは冷凍赤虫とグロウ以外の餌には全く執着しないので、餌の食べ分けができるんじゃないか。



ボタンは生まれつきの奇形で、

同じ日に同じ田んぼからすくってきたモツに比べると長さも太さも半分ほどしかありません。

口が曲がっていて閉じることができないためか、餌を飲み込むことが苦手のようです。

モツの体格との差は広がるばかり。

モツと張り合えるくらい太く大きくなるといいな。そんな理由でタナカに同居魚ができたのです。



タナカが暮らす小水槽にボタンを移住させるに当たり心配だったのは

・タナカの鰭のとがった骨に刺されないか。

・2匹は仲良くなれるのか。

よく観察し同居がダメそうだったらすぐ大水槽に戻さなきゃと気を引き締めました。



11cory043

最初は、先住民強しなのか無関心なのかマイペースで日常行動をするタナカから、ボタンが逃げていました。

1ヶ月後、心配していた「タナカの骨に刺されたら…」、は平気そう。

餌の時間は上へ下へと双方くっついて奪い合ってます。

「仲良くなれるのか…」、は難しそう。

餌の時間以外は端と端に離れて居り、触れ合うそぶりは全くありません。



かつての大水槽での日常。

ツッコミ担当=モツ、ボケ担当=ボタン
11dojou051

いつの日かこんな感じにタナカとボタンが二匹並んでまったりする姿を見ることはできるのか。

飼い主の思惑通りにボタンは太く大きくなれるのか。

もうしばらく同居を続けてみます。
スポンサーサイト

いぶき泡

何ヶ月か前から、いぶきエアストーン(23×60)を使っています。

ダンボールから取り出した時は想像外の太さでびっくりしました。
11tool010

水槽内でもかなりの存在感。

泡に関してはいざ水槽に入れるまで「所詮エアストーンのあぶくでしょ?」なんて思っていたのですが、

口コミに違わず細かな泡で、どじょうのモツもついついうっとり。
11dojou048

アゴ泡。
11dojou047

底砂に押し込んでも完全には埋まりません。

もうちょっと底と平らになった方がモツも楽に泡浴びできると思うんだけれど

モツも乗りにくいよねぇ?
11dojou049

夜中、顔で泡浴びしてるモツ。
11dojou050

出っ張ってるとか乗りにくいとか、あんまり関係ないみたい。

でも飼い主としては見た目的にもうちょっと細い製品も欲しい。

BLUE

8月のアオ。背中の黒髭藻は控え目だが殻が欠けて(溶けて?)ガタガタでもまだ元気。
11kai004



水窓の長老である石巻貝のアオとお別れしました。

アヌビアスナナにくっついたまま動かず、徐々に徐々にずり落ち2日後砂の上でひっくり返ってた。

ちゃんと蓋をして身にも弾力があったので砂の上に置いてあげて1日。動かない。

冷凍してあった茹でブロッコリーを解凍して上に乗せて1日。動かない。

ブロッコリーを取り去って砂の上に。私不在に。

相方に「何日か経っても動かなくて身を押してぶにゅっとなったり臭かったら葬ってあげて。」と。

その3日後「アオ動かない。」とのtel。

私が最後に撮った写真。
11kai005

2008年12月に購入し、2009年1月初登場。身も殻もぴちぴちの頃のアオ





最初は触るのも怖々だった。


いきなり卵を産んじゃってびっくりした。


藻が落ち着いたら餌不足が心配で昆布や野菜を色々試した。


ブロッコリーが好きだと分かりたくさん食べると嬉しかった。


結構好みが厳しく頑固だった。


ごく稀に水上に出ていて注意喚起させられた。


あっち側の対象で愛でるより、こっち側の身内として頼りにしていた。


居てくれるのが当然になってた。観察がおろそかになってた。


最後は私がしてあげたかった。





アオがいない水窓は、ささやかに寂しい。

ささやかだけど大きな存在だったアオ、3年間ありがとう。

カラコン

11akahire007

11akahire008

以前、コリドラスコンコロールのタナカの黒目に白い点があるという記事を書いた時に

(アカヒレに、この片目中心の白い点が出ると数ヵ月後には死ぬことが多い。
ただ、例外もあり、片目中心に白い点があっても
半年以上めちゃ元気なオスアカヒレもいるので病気とも言い切れない。
老衰という可能性もあるけれど、タナカは若人なので当てはまらない。)

と書きましたが、

その“例外”がこのアカヒレです。

片目と思っていましたがじっくり狙って写真を撮ったら両目の中心に白い点がありました。

日常生活に支障は無さそうで、単に白いカラーコンタクトをしているがごとく、

なわばりに対しても餌に対しても貪欲で元気もりもりです。

アカヒレ繁殖第一期の子だと思うので3歳位。白カラコン歴1年位。

アカヒレの寿命からしたらまだ半分ほどだと思う。

今12匹いるアカヒレの中で名を持つのは「スミオ」(すみっこでじっとしていて

餌付けするのに苦労した極小のオス)だけですが、

さっき、白カラコンのこの子を「ギャルオ」と名付けました。

「水窓」データ

PROLOGUE
田んぼですくってきた体長1cmの稚魚はどじょうの赤ちゃんだった!二つの小さな水槽での、どじょうの幼魚「イヌ」(あだ名:モフ、呼び名:もったん)と、11匹のアカヒレ成魚と、その子である幼魚8匹の観察日記。


HISTORY
2008/05 水槽を買い、田んぼに生き物を探しに行きどじょうの稚魚7匹を連れ帰る。1匹生き残る。「イヌ」と命名。
2008/06 アカヒレ11匹購入&繁殖第一期(8匹)。
2008/10 コリドラス・ステルバイの「ミカン」購入。
2008/11 「イヌ」と「ミカン」死去。
2008/12 アカヒレ幼魚1匹死。
2008/12 アカヒレ繁殖第二期(32匹)。
2008/12 石巻貝2匹購入。「アオ」「ミドリ」と命名。
2009/04 アカヒレ幼魚1匹死。
2009/04 アカヒレ初代7匹を実家へ、稚魚32匹を友人へ。
2009/05 アカヒレ繁殖第三期(11匹)。
2009/05 田んぼからどじょうの稚魚2匹を連れ帰る。「モツ」「ボタン」と命名。
2009/06 石巻貝「ミドリ」死。
2009/06 ヤゴ登場。
2009/07 アカヒレ幼魚2匹死。
2009/08 ヤゴ全滅。
2009/09 アカヒレ幼魚2匹死。
2009/10 アカヒレ1匹死。
2009/11 レッドチェリーシュリンプ2匹購入。「アルファ」「ベータ(抱卵)」と命名。
2009/11 レッドチェリーシュリンプ稚エビ11匹誕生。1匹死。
2009/12 レッドチェリーシュリンプ稚エビ2匹死。
2010/02 アカヒレ1匹飛び出し死。レッドチェリーシュリンプ稚エビ2匹死。
2010/03 レッドチェリーシュリンプ稚エビ1匹行方不明(死)。
2010/05 レッドチェリーシュリンプ稚エビ1匹死。抱卵稚エビ1匹死。(3匹残り)
2010/05 レッドチェリーシュリンプ稚エビ続々誕生。
2010/06 アカヒレ1匹病死。
2010/07 レッドチェリーシュリンプの「ベータ」死。
2010/08 レッドチェリーシュリンプの「アルファ」死。
2010/11 コリドラスコンコロール購入。「タナカ」と命名。
2011/09 石巻貝の「アオ」死。
2012/02 アカヒレのスミオ死。
2012/03 ベネズエラオレンジのラニ、サザエ石巻貝のキイロ購入。
2013/08 どじょうのボタン死。
2014/04 現在のメンバー、どじょう「モツ」、コンコロ「タナカ」、ベネオレ「ラニ」、サザエ石巻貝「キイロ」、
赤ヒレ6匹レッチェリ20匹以上。



【第1水槽】(2008.5.17~)
コトブキDebutホワイトセット/36cm(360×220×315)約22L
(呼び名:「大水槽」)
■アカヒレ成魚5匹、どじょう1匹、コリドラスコンコロール1匹、ベネズエラオレンジ1匹、レッドチェリーシュリンプ3匹、サザエ石巻貝1匹
■上部フィルター(ウールマット、スポンジ、ブラックホール、EHEIMサブストラットプロレギュラー)
■10w1灯、8wクリップライト
■珪砂(3~7cm)
■ミクロソリウムウェンディロブ、アヌビアスナナ
■流木
■基本週1回1/3水換え、月1回ガラガラ洗い

【第2水槽】(2008.7.26~)
テトラRG-20HL/22cm(220×220×260)約9L
(呼び名:「小水槽」)
■アカヒレ1匹、レッドチェリーシュリンプ20匹位
■外掛けフィルターテトラAT-20(ウールマット、ブラックホール、スポンジ、SUDO濾過バクテリア繁殖用濾材リングタイプ)、底面フィルターNissoバイオフィルターミニ
■13wクリップライト
■AFJapan礫Sサイズ(3cm-10cm)
■ミクロソリウムウェンディロブ、アヌビアスナナ、ジャイアント南米ウィローモス、マツモ
■アクセサリなし
■基本週1回1/2水換え

【第3水槽】(2010.6.7~)
ニトリグラスベース/16cm(160×160×390)約7L
(呼び名:「花瓶水槽」)
■生体なし
■投げ込み式フィルター水作Mを底床の中に
■照明なし
■AFJapan礫Sサイズ(10cm)
■水草なし
■アクセサリなし
■基本週1回1/3水換え

【ボトルアクア】(2011.11.8~)
セリアプラスチックケース/9cm(90×90×70)約560ML
■生体なし
■フィルターなし
■13wスタンドライト
■水草一番サンド
■ミクロソリウムウェンディロブ、アヌビアスナナ
■深山石粒サイズ
■基本週1回1/2水換え

<<データ:2014/4/6改>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

mie

Author:mie
2008年5月に初めて水槽を買いました。
喰いしんぼのどじょうとアカヒレを飼っています。

カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
最近の記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
リンク
RSSフィード
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。