スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UNDO

上下左右アヌビアスナナの根。

11dojou055

からまってこんがらがることもある。

11dojou056

いつか抜け出せる。きっと、早い内に。



好きだった映画。

岩井俊二のUNDOを思い出した。
スポンサーサイト

中の事

かばんの中身を見せる様な、とか、
冷蔵庫の中身を見せる様な、とか、
買物履歴を見せる様な、とか。
恥ずかしさの度合いが同じ例えを考えてみたけれど全然足りない。

一番しっくりきたのは
「知り合って間もない友達と初めて温泉旅行に行った脱衣所で下着姿を見せる様な。」
くどいですけど。

私にとってブログで上部濾過の中身をお見せするにはその程度の羞恥心が付きまといます。
こんな薄汚れた中の物をお見せして良いのか?と。
昔からの友達の前ではコタツの前で全裸でも全然平気なのに。

ろ材は一番下の「水窓」データに書いてあるので割愛し問題はろ材を入れているこのネット。
よくある緑色のオクラネットです。
捨てずに再利用、と、スポンジろ材を乗せるために濾過槽に入れ始めたのはいつのことだったか。
入れっぱなしで1年?いや2年以上経ってると思われます。

11tool016

よく見てみると、濾過槽内にオクラネットの緑色のもろもろが付着している。
何年も経つとこんな風に劣化して行くなんて知りませんでした。
水槽内にこの緑色のもろもろが入り込んでることは間違いなく、このままでは生体に悪影響がありそうです。
材質は多分ポリエチレン。緑色の色素が何なのかが気になります。
久々にスポンジろ材を揉み洗いしてみたら水がおんなじ緑色に染まりました。
鮮やかな緑色が恐ろしい。

11tool015

スポンジろ材を乗せていた、開いたオクラネット全景。
水中に在った所が薄くなり切れている部分もあります。
上下は水上に在った部分でそれほど薄くはなっていません。

11tool020

保存していた新しい(オクラ入りで売られていただけ)オクラネットと比較してみます。

左:古ネット水中部分  右:新ネット
大分細くなっていますね。
11tool021

左:古ネット水上部分  右:新ネット
あまり違いは無いように見えます。
11tool022

まず緑色が怖かったので白色の排水口ネットに変えてみました。材質は同じポリエチレン。

11tool017

白色だと目立たないだけで同じように崩れて行くのでしょう。根本的な解決に全くなっていません。

11tool019

アクアショップにあるろ材を入れるミドリネットや白色のネットの材質はポリエステルと書かれています。
ポリエステルの方が丈夫なのでしょうか。
ポリエチレンの様に水中で崩れたりしないのでしょうか。

アクアショップのポリエステルのネットに交換して使い続けるのが正しいのか、
このまま安価なポリエチレンで劣化する前にまめに取り換えるのが正しいのか。

11tool018

どちらが安全で楽ちんで安く済むのか。
どうしよ。





ちなみに
流水ガイドは以前にも書きましたが「かつかつワールド」さんから頂いた図面で自作した物です。
お礼を言いたいのですが繋がる術が無く、ここにて。
図面、ぴったりです。ずーっとありがたく使わせて頂いています。ありがとうございます。

【動画】モツのジャグジー02


ちょいぼけですが、久しぶりにどじょうのモツの泡浴び動画をアップします。

いぶきエアストーンの上で放心しているモツをどうぞ♪



画像中央の再生ボタン「>」を押してご覧ください。

[高画質で再生]

【どじょうのモツ】猛烈に泡を浴びる02 [無料blog]

ペンギンビレッジ

銀座飲みの前に、訪問してみたかったペンギンビレッジに行くことができました。

11tool011

狭いけれど、生体も水草も用具も必要な物が揃ってきちんと収まっている無駄のないお店、という印象。

ADA用品がたくさんあった。

健康そうで元気な子供のコリドラスがたくさんいた。

水槽の下でしゃがみこみ、いけてる流木を発掘!ADAのブランチウッド。

11tool012

“飲み屋に持って行くのもな~。”

“でもコレ逃したら後悔しそう。”

“流木も石も生体も水草も一期一会だよな。”

と悩むこと数分。あれこれ角度を確認していたら「60cmですか?」と店員さん。

「ええ、まあ。」     …嘘つきました。

うちの水槽は36cmです。入りません。

11tool013

いつか大きな水槽を買った時に入れるんです。近い将来、きっと。

「重石をして水に沈めておけばいいですよ。」

「水カビは出るかもしれませんが悪い物じゃないしヤマトが居れば食べてくれます。」

と丁寧に説明してくださいました。

「煮沸はしなくていいですか?」と聞くと

「中から悪い物が出るかもしれないので煮沸はしないでください!」ときっぱり言われました。

一瞬、そりゃ楽ね。こんな大きなのが入る流木煮沸用の鍋持ってないしね。と思ったけれど、

悪い物ってなんだろな?

11tool014

ブランチウッドの、このマットで光沢がある白い滑らかな肌が好き。

一度水中に入れてしまえば二度とこの輝きに会うことはできないって知ってる。

でも水槽の中にいる姿も見てみたい。



おっきな袋を持って参加した飲み会で、

「流木買ったの!安かったの!1400円!この枝ぶり、この光沢、この肌触り、すっごい良いでしょ~!」

って、言い出せる訳も無く。周りの誰とも分かち合えないこの喜び。

アクアリストって、、、、、孤独なものですね。

モツはアイドル

モツを最近撮った中で一番可愛く写っている写真。

右鰭エアストーン左鰭流木に乗せちゃって、こっち向いておすまし顔だなんて。

これはもう、どじょう界のアイドル、と言っていい!

かわゆすなぁ♪親ばかです。

11dojou053

ポーズもそうだけど、も一つアイドル的要素があるのを発見しました。

アップにしてみたら八重歯(みたいなもの)が!

某巨大グループのイダーノさんとかオースマさんとかも八重歯ですよね。

ボリューミーな唇を半開きにしてちらりとのぞく八重歯がセクスイ。

11dojou054

ま、モツは多分♂だと思うんですけどね。





11dojou052

ちょっと角度がずれた写真で、右目の見事な二枚重ねのレンズに驚いた。

ほほ~。こうなってた訳か。

黒目が一番底で平らにあるのだね。

「水窓」データ

PROLOGUE
田んぼですくってきた体長1cmの稚魚はどじょうの赤ちゃんだった!二つの小さな水槽での、どじょうの幼魚「イヌ」(あだ名:モフ、呼び名:もったん)と、11匹のアカヒレ成魚と、その子である幼魚8匹の観察日記。


HISTORY
2008/05 水槽を買い、田んぼに生き物を探しに行きどじょうの稚魚7匹を連れ帰る。1匹生き残る。「イヌ」と命名。
2008/06 アカヒレ11匹購入&繁殖第一期(8匹)。
2008/10 コリドラス・ステルバイの「ミカン」購入。
2008/11 「イヌ」と「ミカン」死去。
2008/12 アカヒレ幼魚1匹死。
2008/12 アカヒレ繁殖第二期(32匹)。
2008/12 石巻貝2匹購入。「アオ」「ミドリ」と命名。
2009/04 アカヒレ幼魚1匹死。
2009/04 アカヒレ初代7匹を実家へ、稚魚32匹を友人へ。
2009/05 アカヒレ繁殖第三期(11匹)。
2009/05 田んぼからどじょうの稚魚2匹を連れ帰る。「モツ」「ボタン」と命名。
2009/06 石巻貝「ミドリ」死。
2009/06 ヤゴ登場。
2009/07 アカヒレ幼魚2匹死。
2009/08 ヤゴ全滅。
2009/09 アカヒレ幼魚2匹死。
2009/10 アカヒレ1匹死。
2009/11 レッドチェリーシュリンプ2匹購入。「アルファ」「ベータ(抱卵)」と命名。
2009/11 レッドチェリーシュリンプ稚エビ11匹誕生。1匹死。
2009/12 レッドチェリーシュリンプ稚エビ2匹死。
2010/02 アカヒレ1匹飛び出し死。レッドチェリーシュリンプ稚エビ2匹死。
2010/03 レッドチェリーシュリンプ稚エビ1匹行方不明(死)。
2010/05 レッドチェリーシュリンプ稚エビ1匹死。抱卵稚エビ1匹死。(3匹残り)
2010/05 レッドチェリーシュリンプ稚エビ続々誕生。
2010/06 アカヒレ1匹病死。
2010/07 レッドチェリーシュリンプの「ベータ」死。
2010/08 レッドチェリーシュリンプの「アルファ」死。
2010/11 コリドラスコンコロール購入。「タナカ」と命名。
2011/09 石巻貝の「アオ」死。
2012/02 アカヒレのスミオ死。
2012/03 ベネズエラオレンジのラニ、サザエ石巻貝のキイロ購入。
2013/08 どじょうのボタン死。
2014/04 現在のメンバー、どじょう「モツ」、コンコロ「タナカ」、ベネオレ「ラニ」、サザエ石巻貝「キイロ」、
赤ヒレ6匹レッチェリ20匹以上。



【第1水槽】(2008.5.17~)
コトブキDebutホワイトセット/36cm(360×220×315)約22L
(呼び名:「大水槽」)
■アカヒレ成魚5匹、どじょう1匹、コリドラスコンコロール1匹、ベネズエラオレンジ1匹、レッドチェリーシュリンプ3匹、サザエ石巻貝1匹
■上部フィルター(ウールマット、スポンジ、ブラックホール、EHEIMサブストラットプロレギュラー)
■10w1灯、8wクリップライト
■珪砂(3~7cm)
■ミクロソリウムウェンディロブ、アヌビアスナナ
■流木
■基本週1回1/3水換え、月1回ガラガラ洗い

【第2水槽】(2008.7.26~)
テトラRG-20HL/22cm(220×220×260)約9L
(呼び名:「小水槽」)
■アカヒレ1匹、レッドチェリーシュリンプ20匹位
■外掛けフィルターテトラAT-20(ウールマット、ブラックホール、スポンジ、SUDO濾過バクテリア繁殖用濾材リングタイプ)、底面フィルターNissoバイオフィルターミニ
■13wクリップライト
■AFJapan礫Sサイズ(3cm-10cm)
■ミクロソリウムウェンディロブ、アヌビアスナナ、ジャイアント南米ウィローモス、マツモ
■アクセサリなし
■基本週1回1/2水換え

【第3水槽】(2010.6.7~)
ニトリグラスベース/16cm(160×160×390)約7L
(呼び名:「花瓶水槽」)
■生体なし
■投げ込み式フィルター水作Mを底床の中に
■照明なし
■AFJapan礫Sサイズ(10cm)
■水草なし
■アクセサリなし
■基本週1回1/3水換え

【ボトルアクア】(2011.11.8~)
セリアプラスチックケース/9cm(90×90×70)約560ML
■生体なし
■フィルターなし
■13wスタンドライト
■水草一番サンド
■ミクロソリウムウェンディロブ、アヌビアスナナ
■深山石粒サイズ
■基本週1回1/2水換え

<<データ:2014/4/6改>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

mie

Author:mie
2008年5月に初めて水槽を買いました。
喰いしんぼのどじょうとアカヒレを飼っています。

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
最近の記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
リンク
RSSフィード
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。